昨夏、夏休み特別企画として、ワクワク系マーケティング実践会(このコラムでお伝えしている商売の理論と実践手法を実践する企業とビジネスパーソンの会)初の「親子のためのワクワク系セミナー」を開催した。といっても事業継承者向けのものではなく、いわゆる二世会のようなものでもない。今回受講した子供たちは12歳から26歳まで。終了後のアンケートにあった彼らの率直なそして意欲的なワクワク系からの学びには、私も大いに刺激を受けた。

 例えば、参加者中最年少のある12歳の女の子のアンケートにはこうあった。「おきゃくさんが来てくれるためには、商品の値下げなどが良いと思っていましたが、おきゃくさんと「きずな」を作ることが大切とわかり、これから店に来てくださるおきゃくさんと、きずなづくりをしていきたいと思いました」(原文ママ)。彼女は学校帰りにいつもお母さんが営むカフェを手伝っているそうだが、私からの質問にも元気に答えてくれた。ちなみに、彼女のお母さんが今年カフェをオープンした際、その1カ月ほど前にすぐ近くにカフェがオープンしたのだが、そちらはもう閉店してしまったとのこと。「それはなぜだと思う?」という私の問いに、彼女はこう答えた。「どこにでもある普通のカフェだったから」

 また別の12歳の男の子のアンケートにはこうあった。「たくさん売るには値段や物ではなく、その売る物のよさを表示することと、きずなを大切にすることだとわかりました」「どんな会社でも、ちょっとした工夫をすることで右肩上がりになることがわかったので、ちょっとした工夫をどんどんしていきたいです」(原文ママ)。

話す内容は大人と同じでも、その反応が異なった

 私がいったい彼らにどんな話をしたのか、ご興味があるだろうか? 実はそのほとんどは、普段講演で大人に話しているものと同じだ。事例も、表示されるスライドも、話す内容も。確かに、相手に12歳もいることを意識して、いろいろかみ砕きはしたが、主には難しい語句の説明であり、内容はしっかり大人向けである。

 とりわけ印象深いのは、彼らがそろって(他の多くの子供たちも)「わかった」「していきたい」と言ったことだ。一方、各地で同じ内容の講演を聴いていただいた大人たちからしばしば聞かれる言葉は「難しい」。この言葉には、理解のことも実践のことも含まれているし、私も早とちりしてもらいたいわけではないが、この違いが、実は重要だ。これこそが、将来の道を分けるものだからだ。

 昨夏の好評を受け、今年もより多くの参加者を迎え「親子のためのワクワク系セミナー」が開催される。今年はどんなワクワクする反応が見られるだろうか。

※小阪裕司先生の連載最新回は、毎週金曜日の午前5時に公開します。「これまで公開した記事」と併せてお読みください