いま、小売業の事業環境が激変している。ECは消費者の購買チャネルとしてすっかり定着しつつあり、リアルの店舗は “ショールーム化”し始めていると言っても過言ではない。世界をリードするプラットフォーマーたちは依然としてEC市場を席巻し続けており、多様な顧客ニーズを確実に捉え続けている。このような状況下で、小売業各社はどのような戦略を描けばよいのだろうか?

急成長が続く国内外のEC市場 

 経済産業省が発表した「通商白書2018」(*1)によると、世界のBtoC-EC市場は年平均14.9%の成長率で拡大を続けており、2026年には約9.7兆ドルにまで拡大すると予想されている。日本国内のEC市場を見ても、2018年には前年比約9.0%の成長を記録(*2)しており、今後も拡大が続くことは間違いなさそうだ。

 音声やチャットを活用した新たなショッピングの形が生まれ、より利便性の高い決済手段が普及する中、今後もこの傾向は加速し続けると考えられる。

 しかし、リアルの店舗を運営する小売店に勝ち目がないのかというと、そうではない。果たして、どのような可能性が残されているのだろうか?

>>PDFダウンロード:激変する小売業、顧客にも従業員にも求められる「体験」を革新する方法とは?

小売店に残された可能性とは?

 PwC Japanグループが公開した「世界の消費者意識調査2018」(*2)では、実店舗の存在感を示すデータが掲載されている。各ショッピングチャネルの使用頻度に関する質問では、「PC(20%)」「モバイル(17%)」という回答結果に対して、「実店舗」と回答した割合は44%を記録。この回答結果からは、デジタルが台頭する時代においても、顧客は毎日~週1回はリアルの店舗に足を運んでいることがわかる。

 しかし、このようなデータがあるからといって、決して安心はできない。「顧客に選ばれ続ける店舗」になるためには、リアルの店舗に求められる「真の価値」を具現化しなければいけない状況に変わりはないのだ。では、いま小売業にはどのような真価が求められているのだろうか?

 ここで鍵となるキーワードが「体験」だ。購買チャネルが多様化する昨今、リアルの店舗ならではの「体験価値」を創り出すことが、顧客、ひいては従業員にも選ばれる店舗の実現につながるのだ。どうすれば体験価値を創り出せるのか。一つ答えがITソリューションの活用である。ぜひ、次のホワイトペーパーをダウンロードして、そのポイントを確かめてみてほしい。

>>PDFダウンロード:激変する小売業、顧客にも従業員にも求められる「体験」を革新する方法とは?

出典:
(*1) https://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2018/pdf/02-01-01.pdf
(*2) https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/H30_hokokusho_new.pdf
(*3) https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/2018/assets/pdf/consumer-insights-survey.pdf