セブン&アイ・ホールディングス(HD)は8月2日(金)、東京都品川区に「COMFORT MARKET(コンフォートマーケット)」をオープンした。同店はセブン&アイ・ホールディングスの100%子会社のフォーキャストが運営する。『コンパクトで買い回りが良い、ありそうでなかった新しいフードマーケット』をテーマとしており、無人レジや専用アプリなど、買物が楽しく時短できるような取り組みを行っている。

一から新しいものを作っていく

 この店舗があるのは、中延駅(東急大井町線、都営地下鉄浅草線)から徒歩2分、国道1号線沿いで、周りが住宅街に囲まれた場所。メインターゲットは日々忙しくしている女性で、その日に収穫したものを並べた有機野菜や、解凍してもうまみを逃さない特殊冷凍技術を使用したスーパーフローズンなど、忙しくても食にこだわりたい人に向けた売場の訴求が目立ち、惣菜コーナーではパクチーや塩麴などを使用したおしゃれで女性ウケしそうな商品が並んでいた。

 建物は4階建てで、売場は2フロア。1階に酒と惣菜、ベーカリー、2階は生鮮3品とグロサリーを中心とした売場。3、4階には加工場を設け、惣菜などの店内加工を行う。

 延べ床面積は1428㎡(431坪)、売場面積は566㎡(171坪)。コンパクトな売場ながら、酒や惣菜を買いたい人は1階だけで買物が済むようにし、短時間で買物ができるレイアウトになっている。

 全体のアイテム数は5500で、そのうち非食品は約320。セブン&アイ・HDのPB「セブンプレミアム」の商品はあえて置かず、一から新しいものを作っていく考え。惣菜は主に航空機内食関係を作っているインフライトフーズやティエフケーなどの商品を品揃えするなど、COMFORT MARKETでは、専任のバイヤーを付けて中食から生鮮まで品位、品質にこだわっていくのだという。

「べんりでゆたか」実現のために取り組むこと

 COMFORT MARKETの会社名に「フォーキャスト」とつけたのは、英語の「FORECAST(未来を予測)」「For CAST(働くみんなのために)」という理由から。「つくり手みんな愛せるお店」にしようと考えているためだ。

 店舗で働く従業員(キャスト)が、自信を持って商品やサービスの提供することで、初めてお客に選ばれる店になると、従業員にも「べんりでゆたか」な環境を提供。内側から変えていくことで、「べんりでゆたか」というコンセプトを実現させようとしている。

 そのために行うことを3つ定めた。

①さまざまなアイデア、テクノロジーを取り入れ、サービスレベルを高めながら省人化・省力化を行う

②中食から生鮮まで、品位・品質にこだわった商品を品揃えをする

③限られた面積の中でお客さまに便利に使ってもらうためのレイアウト、施設を導入する

 この中で特に注力したのが省人化だ。正社員は3人(パート・アルバイトを含めると34人)だが、店長以外も店舗全体の運営を見られるようにし、休日にしっかりと休めるようにした。

 レジも全て無人レジ(8台。うち2台はキャッシュレスのみ)だが、レジのディスプレイに「商品をバーコードにかざす、お支払い方法を選択する」など、手順が分かりやすく表示されるので、簡単に会計を済ませられる。また、2階にはセルフレジの空き状況を示したディスプレイを置き、セルフレジがある1階に行かなくても混雑状況を確認できるようにしている。  

 

 8月5日からロッカー受け取りの仕組みも始まった。これは「COMFORT MARKET」専用のアプリを使うもので「商品を選んでカートに入れる→スマホで決済→ロッカー受け取り」と3ステップで買物が完了。注文後は店舗のロッカーで商品を受け取るだけで済む(アプリ内での注文最低価格は1700円で、30000円まで購入が可能)。

 これは「家にいても商品を受け取れないので、取りに行きたい」という要望が多く、テストとして導入したものだが、これにより、店舗側は商品の受け渡し人員が必要でなくなり、お客にとっても、ちょっとした空き時間に注文ができるので買物時間の短縮になる。