洪華(ホン・ホア)中国・清華大学博士。長く起業研究に力を注いでいる。シャオミ谷倉創業学院学院長、北京青禾谷倉科技有限公司CEO。元北京科技大学工業設計学科副主任。

「シャオミ」という家電メーカーを知っているだろうか? 日本には未上陸だが、スマホでは現在世界4位のシェアを誇っている中国企業である。しかし、スマホだけのメーカーではない。ベンチャー起業家をパートナー企業に育てさまざまなシャオミブランド家電を生み出す「ミー・エコシステム」で今やIoT企業として世界をリードしている。この底知れないパワーの秘密を解き明かした書籍『シャオミのすべて』(CCCメディアハウス刊)の著者・洪華(ホン・ホワ)氏の来日に合わせて、書籍に書かれなかったエピソードや日本への想いについて話を聞いた。

出資企業4社がユニコーン

——シャオミは自社のパートナープラットホーム「ミー・エコシステム」を通じて、100社以上の企業をインキュベート(孵化)させたそうですね。

洪:正確にいうと120社を育てました。その中から4社がユニコーンとなっています。企業評価額は10億ドル超です。今ではそのうち2社がアメリカで上場しました。ナスダックとニューヨーク証券取引所です。他にも、中国の株式市場で上場を予定している企業が幾つもあります。

 

——そんな驚異的なベンチャー育成力を持つ「ミー・エコシステム」はどのように構築されたのでしょうか?

洪:それはシャオミ(小米科技)の初期の状況から説明する必要があります。

 2010年に創業し、翌年スマホの初号機「Mi-one」を発表しましたが、幸いちょうどスマホの買い替えブームがありました。iPhoneはもちろん人気ですが高価。でもシャオミは性能も劣らず、平均的な収入の方や学生にも買える価格ということでとても評判となりました。

 こんな時代背景にも恵まれ、まずはスマホメーカーとしての地位を確立しましたが、創業者の雷軍(レイ・ジュン)は既に「この先10年はIoTの時代だ」というビジョンを描いていました。消費者はより良い製品を求め、販売チャネルも大きく変わるはずだと。しかし、今も続いているようにスマホ業界の競争は非常に激しいものです。大きなポテンシャルのあるIoT事業だとはいえ、スマホ以外のことに人的資源を注ぐ余裕はありません。

 そこで思い付いたのが、シャオミの資源や経験をより多くの起業家に公開し、彼らにさまざまなIoT家電を作ってもらうアイデアです。中国のスマホ市場でトップシェアを獲得した2013年、「ミー・エコシステム」が生まれました。

 
 

 私はシャオミ谷倉創業学院という、シャオミの製品開発や経営理論といったノウハウを起業家に教える機関の代表なのですが、2016年に学院を設立した時には既に40社以上のエコシステム企業がありました。

——最近日本でもIoTという言葉を耳にすることが増えましたが、2013年時点でこの予測をしていたとは驚きです。

洪:これは雷軍個人の経験に基づく部分が大きいと思います。彼はシャオミの前に「金山軟件(キングソフト)」という会社の社長として上場に成功した後、未来について考える時間を作りました。国内外の起業家と交流したり、エンジェル投資家をしたり、アメリカのコストコなどの先進的な業態や日本の無印良品も視察したそうです。そのときインプットされた見識が、IoT時代の到来を予測する材料となったのでしょう。

——「エコシステム」という言葉は、日本の新聞でも見られるほど普及しましたが、言葉の由来は?

洪:「エコシステム」は特に意味のない名称です。2013年の始動に合わせてとりあえず名前が必要だったので、 あまり大げさなものにならないように……という感じで決まりました。

 また「システム」といっても、本質はシステムではありません。システムとはもっと複雑なもの。現段階では「プラットホーム」であり、システムへの進化の途中ですね。

 プラットホームとは、たくさんの人が集まり、多くの商品を求めている場所にすぎません。

 一方、システムにはネットワークがあります。その中では企業間に業務ネットワークがあり、ダイバーシティ(多様性)もあります。今のところ私たちのダイバーシティは不十分で、ネットワークもはっきりとしていない。しかし、今後その点も改善され、真のシステムへと進化するはずです。