あるワクワク系(このコラムでお伝えしている商売の理論と実践手法を、われわれはそう呼んでいる)の自動車販売・整備会社の部長からご報告を頂いた。内容は、ワクワク系マーケティング実践のことではなく、ワクワク系をいかに社内に浸透させるかの取り組みについてだ。

 最近、弊会に多く寄せられるようになった報告が、いかに社内にワクワク系を浸透させるか、言い換えれば、今日、いかに人材を育成し、組織を強くしていくかの取り組みだ。

 なぜそういう報告が増えてきたのだろう? それには近年、私自身が会員に向けその重要性を説いていることもある。しかしそれ以上に、これからの企業の存続は「人」にかかっていること、しかも、その人材を育成するには、従来型の研修では難しいという彼らの実感がある。

 そこで今回の部長からの報告だが、報告内容は至ってシンプル。弊会から毎月送られてくる会報誌を社員みんなで読み合わせる機会を設け、自由に意見を言い合うことを始め、続けていったというものだ。結果、報告書によると、今では「書き切れないほど社員の気持ちが変わり」、実に有意義な学びの場となっているとのこと。

 では、社員らは最初からノリノリだったのかと言えばそれはなく、当初は「めんどくさいなー」「やりたくないなー」の声が上がり、身があまり入らなかった。そこで同社社長は、「好きな食事をしていいよ!!で、おいしい物を食べてその後、楽しい勉強をしようよ!」とおいしいもので動機付けた。すると社員らも「おいしいものが食べられるなら良いか」となり、何とかスタートさせられた。とはいえ当初は意見も出なかったが、続けていくとだんだん出始め、一度出始めると後は早く、今では先述のように活況を呈しているのである。

 報告書には、どんな形式やルールで行っているかなどが詳細に書かれており、それらも示唆に富んでいるが、まずここで学ぶべき重要なことは2つある。1つは彼らがこの学びの場を、自分の意見を言い合うタイプの場としていることだ。これからの人材育成に欠かせないのは、こういう“創発の場”である。

 またもう1つ重要なことは、ここで彼らがその創発の材料としているものだ。それは弊会の会報誌だが、その中でも「事例」だ。事例から学ぶことの重要性を、私は学問的に把握できているが、一般の方がそれとなく考えている重要度の100倍くらい重要だ。その理由はここでは書き切れないが、これからの学びは単に知識と情報を入れるだけでは足りない。事例をもとにした創発的学び。それが今日人材を育て、組織を強くするための、欠くべからざる糧の1つなのである。

※小阪裕司先生の連載最新回は、毎週金曜日の午前5時に公開します。「これまで公開した記事」と併せてお読みください