人口減少に伴うオーバーストアや消費の冷え込みに改善傾向が見られない中、リアル店舗、EC問わず集客やファン化を課題としている企業は多いだろう。
 商品やサービス自体の魅力はもちろん重要だが、その魅力をしっかり効果的に伝えるために、視覚・聴覚で訴えかける必要は十分にある。それらを可能にするものの1つが販促ツールやWebといったコンテンツだ。
 こうしたコンテンツは既存の修正や画像入れ替えも含め、小まめな管理が重要であり、企業規模に関わらず集客や自店のファン化につながるチャンスとなる。
そんな販促コンテンツに力を入れ成功を収めている各企業の、業種やフェーズの異なる3つのチャレンジ事例を紹介する。
 

CASE1. 販促ツール制作の内製化にチャレンジ ㈱すかいらーく

 

  「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」をはじめ、ファミリーレストラン事業のパイオニアとして多彩なレストランを展開するすかいらーく。同社は1970年に、これまで食料品店として東京近郊に展開してきた事業から、ファミリーレストラン事業へと転換する大きなチャレンジを行ってきた。新たな競合企業の参入や「中食」というライフスタイルの変化を受け競争が激化する外食業界で、同社がチャレンジした新たな販促ツールに迫る。

▼以下のURLからPDFを入手できます>>
https://shogyokai-wp.jp/LIST/CGI/ORDER.CGI?add=2019-0002

CASE2. 制作環境のクラウド移行にチャレンジ ㈱アーバンリサーチ

 

 「自社でできることは自社でやっていく」というスタンスのもと、アパレルメーカーでありながら、広告関連のあらゆるコンテンツを社内のスタッフが制作しているアーバンリサーチ。コンテンツの内製化は既に達成している同社だからこそ語れる、制作環境のクラウド移行についてのメリットと、将来展望に注目する。

▼以下のURLからPDFを入手できます>>
https://shogyokai-wp.jp/LIST/CGI/ORDER.CGI?add=2019-0002

CASE3 大量の映像コンテンツ制作にチャレンジ ㈱メルカリ

 

 日本国内だけでも月間1000万人の利用者を誇るフリマアプリを展開するメルカリは、SNSの発展に伴う動画需要の増加や、グローバル採用による社内コミュニケーションでのニーズの高まりを受け、2017年に映像制作チームも内製化した。Web広告、サービス紹介、決算説明会や社内イベントなど、常に膨大な業務量となっていた映像コンテンツ制作。これらを達成するために同社は一体何を行ったのか。当時を振り返ってもらった。

▼以下のURLからPDFを入手できます>>
https://shogyokai-wp.jp/LIST/CGI/ORDER.CGI?add=2019-0002