内閣府男女共同参画局の「共働き等世帯数の推移」によれば、2017(平成29)年時点で専業主婦世帯は641万世帯、共働き世帯はその約2倍の1188万世帯と発表されています。数値は1980(昭和55)年時点とほぼ逆転、女性の社会進出や雇用形態の変化、少子高齢化など複合的な要因で、共働き世帯の割合は年々増加しています。

 

 この連載では実際に共働きしている家族を料理・買物・生活という切り口で取り上げ、どんな日常を送っているのかショートエピソード形式で毎週お届けします。

第44話 フルタイム企画職の妻・紗良の目線

>第43話 地域で働くために起業した夫・瞬治の目線

>連載の最初から読む

 私は、企画職として働いている。新卒で入社した会社でずっと働いているので大きな仕事を任されることも増えてきて、大変なことは多いけれどやりがいはある。夫が独立したこともあり、今は私が娘を扶養に入れてフルタイムで働く日々だ。

 ただし、家事育児の分担比率は相変わらず私の方が多めだ。

 保育園の送りは夫に任せ、定時の18時には仕事を終わらせて19時過ぎに娘のお迎えに行く。帰宅して夕飯を作ると、食べ始めるのは20時半頃が多い。入浴も、就寝も、娘と一緒だ。

 他にも、洗濯、買物、ゴミ捨ては基本的に私。掃除と子供の世話は臨機応変に分担しているけれど、不在が多い夫や娘からのリクエストやらで、何だかんだ私がお世話をしている時間は長い。

ーーー

 料理は自分の方が得意だしおいしいので私が作ることが多いけれど、夫ももう少し家にいてほしいと思う日は多い。

 仕事柄、地域イベントに関わっている夫は、夜や土日に不在の時間が長い。そのため私が出掛けたいときは、あらかじめ夫の予定を聞き、娘の世話を頼めることを確認してから予定を立てる。

 他にも、大人1人で子供の相手をするのは想像以上に大変だ。娘と私の二人きりでいるときは、外でも家でも目を離せないという独特の緊張感がある。思いがけない行動で事故につながらないか、退屈させてしまっていないかなど大人1人で面倒を見ていると、とても神経を使う。もちろん体力、気力も使う。

 後は平日遅い時間に帰宅後、少しでもいいので部屋の片付けなどしてくれていると助かる。寝る前に頼んでおくと快く返事はしてくれるものの、疲れているからか翌朝も手付かずだったりするので、結局私が見かねてやってしまうことも多い。「もう少し早めにやっておいてほしいな……」と思ったりする。

 しかし、家にいれば食器洗いや洗濯、子育てもやってくれる良き父親なのだ。

ーーー

 小学生の子持ちの先輩ママからよく話を聞く、PTA活動も憂鬱だ。

 そもそも、PTA活動は家庭に専念する専業主婦がいた時代にできた制度のはずだから、共働きや介護世帯が増えてきた現代の家庭事情にはマッチしていないように感じる。

 昼間の13時からの1時間の打ち合わせのために、病欠用に取っておきたい貴重な有給を消費するのも何だかむなしい。パソコンでの文書作成、メールでのやり取りなど、活動自体をなくすのは難しくても、もう少しやりようがあるのではないかと頭が痛くなる。

 今はまだ何とかなっているけれど、いわゆる「小1の壁」も悩みの種だ。小学校から帰ってきた共働き両親の子供の居場所となる学童は、保育園より預かり時間が短いところが多い。

 今の保育園は、延長料金を払えば夜は20時まで預かってもらえる。毎日は利用しなくても、繁忙期や急な残業があるときはとても助かる。

 対して公立の学童は、預かり時間は17~18時までというのが平均のようだ。通勤時間を考えると、定時での勤務すら厳しい。

 もっとフレキシブルな働き方がスタンダードになってほしい。在宅勤務、フレックスタイム制の導入、一時離職した人でも仕事復帰しやすい仕組みなど、一般的に取り入れられている企業は私の周りだとまだまだ少数派に感じる。

 ものすごいスピードで時代が変わっている今、会社の働き方も合わせて変わっていってほしい。

>第43話 地域で働くために起業した夫・瞬治の目線

>連載の最初から読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>第45話 資産運用に励む夫・司の目線

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この連載では、エピソードの元になる共働き生活(料理、買物、外出についてお話を聞かせていただける共働き家族を募集しています。

 また、併せて共働き生活に役立つ商品・サービスを取り扱っている企業も募集しています。

 感想・連絡先はこちらまで