高野豆腐は、ダイエットには欠かせない大豆製品である豆腐を凍らせて乾燥したもので、「凍り豆腐」「しみ豆腐」ともいいます。

 つまり、大豆タンパク質の塊。炎症を起こしにくい不飽和脂肪酸なので、以前からボディビルダーやアスリートには常食として愛用されていましたが、最近、大豆製品としての健康効果から再注目。高野豆腐は進化しています。

〈高野豆腐のここがえらい!〉

1.水分が抜けている分、少量で栄養価が凝縮

2.ロカボ向き(高タンパク・低糖質)

3.リーズナブル。保存が利く

4.面倒な「水戻し」不要タイプ、一口サイズ、粉タイプも登場!

高野豆腐の優れた「4つの働き」

1.高野豆腐は「大豆タンパク質」がぎゅっと凝縮。豆腐の7倍!

 特に優れているのが、タンパク質。高野豆腐に含まれる成分の約50%がタンパク質。100g中の含有量は49.4gと、同じ大豆食品の木綿豆腐と比べるとその量は約7倍です。高野豆腐1枚(16.5g)当たり8.2g、牛乳マグカップ約1杯分(240ml)もあるのです!

2.レジスタントプロテインが血中の「悪玉コレステロール」を抑制!

 

 豊富な大豆タンパク質の大半がレジスタントタンパクです。分解されにくいレジスタントタンパクは、体に吸収されにくく食物繊維に似た働きをします。

 血中の悪玉コレステロール値を減少させる効果が報告された他、食後の中性脂肪の上昇を抑制する効果も期待されています!

3.便秘解消、脂肪燃焼のスイッチオン!

 胆汁酸にはエネルギー代謝を高進する役割があります。レジスタントタンパクによって「便通を促進」することでこの効果が高まります。便秘スッキリ、美肌効果がある上「余分な脂肪の蓄積を防ぐ「アディポネクチン」、通称「やせホルモン」の体内分泌が増えて、さらにやせやすくなる相乗効果も期待できます。

4.女性の味方、ホルモンバランスを整えて、骨粗鬆症・ダイエットに 

 高野豆腐には女性ホルモン様の働きをする大豆イソフラボンに加えて、不足しがちなダイエットミネラルも豊富。特にカルシウムと鉄分は代謝を高めるだけでなく、女性ホルモンで乱れがちなメンタルや体のバランスを整えてくれます。

高野豆腐の効率的な「4つの食べ方」

1.「みそ汁」にプラス!若返りの1杯!

 いつもの豆腐を高野豆腐に変えるだけ。この1杯で、タンパク質量もカルシウム、鉄分も摂取できるパワフルな1杯に! 玉ネギのみそ汁に加えれば、動脈硬化など生活習慣予防に働くポリフェノールのケルセチン、抗酸化のビタミンCとの相乗効果で血管の若返りに!

2.「チーズ+しらす+トマト」で「パワーグラタン」に!

 豆腐より高タンパクの高野豆腐を使ったヘルシー&パワーグラタン。豆腐と同様、高野豆腐はチーズやトマトに合います。植物性のカルシウム豊富な高野豆腐に、チーズの動物性カルシウムとしらすのビタミンDをプラスして、栄養バランスと吸収効率をアップ。トマトのGABAが血圧を下げてくれるのでレジスタントプロテインとの相乗効果でメタボ予防に働きます。

3.高野豆腐“粉”を「ハンバーグ」に練り込んで、カサ増し

 

 ひき肉類はどうしてもコレステロールが気になりますが、高野豆腐粉をハンバーグに練り込めば、レジスタントプロテインの働きで、悪玉コレステロールを抑制。脂質の蓄積も防いでくれるヘルシーバーグが出来上がります!

 口当たりも、ふんわり軽く優しい仕上がりに!

4.免疫力アップ!「鶏ひき肉」の肉詰め

 優れた動物性タンパク質「鶏肉」と、植物性タンパク質「高野豆腐」のゴールデンコンビ。1:1に近づけは理想的なタンパク質比率、お互いを補います。ひき肉に玉ネギやニンジンなどの野菜を加えることで、タンパク質の吸収合成効率も高まります。汁を吸った高野豆腐は腹持ちもバッチリ。薄味の鶏ひき肉でも満足感が高まるお惣菜になりますよ!

 いかがでしたか?

「乾物だから」と敬遠しがちだった高野豆腐。水戻し不要になって、圧倒的に便利になりました! 高野豆腐は肉類とも相性がよいので、ハンバーグやグラタンなどいろいろな料理に使えます。その他、小麦粉の代用で唐揚げの衣に使ったり、スイーツに加えたりロカボメニューはネットでも話題ですね。

 お財布に優しく、保存もOKと便利で、何といっても栄養価がすごい! いろいろなアレンジ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。