地方行政、地銀連携の外国人雇用が進んでいる

 このような志と共に、弊社は一丸となり、日夜、日越の架け橋を構築しております。新時代を迎え、志のある企業、団体とのアライアンスが進んでいますが、ここのところ、弊社の提携先に地銀が増えてきております。

 これは数年前までは考えられなかったのですが、スキームとしてはとても素晴らしいシナジーが生まれます。

・地銀はグループに人材派遣会社を創設しているが商売は小さい。

・地銀は地元企業に太いパイプを持ち、ビジネスを模索している。

・地元企業は地銀と並走しながらも人材が慢性的に不足している。

・弊社は国内外から優秀なベトナム人ネットワークを有している。

 この三つ巴でたくさんの笑顔を生み出すことができるのです。

 最近では、そこに地方行政も参画し、生活支援、住環境整備などが始まりつつあります。

 これこそ、『ローカル&グローバル=グローカル』であり、共生です。弊社は、こうした展開を推進しており、また新たな土地でこのスキームを計画中です。

日本を愛するということ

 今、世界中から日本を愛する方々が来てくれています。これは、本当にありがたいことであり、この日本を造った先祖への感謝を忘れてはなりません。

 今は、ナショナリズムと、グローバリズムの調和が求められている時代を背景に日本の魅力を高める時です。日本には四季折々の景観があり、わびとさびがあります。外国人雇用を主軸とし、共生をテーマに私たちasegoniaは世界中の方々と、この日本の素晴らしさを謳歌したいと考えます。

 6回にわたり、駄弁を連ねましたが、お付き合いいただきまして誠にありがとうございます。私たちの言動、思考が、未来の笑顔につながればと願ってやみません。

 asiaにgoenと重ねてasegonia と申します。これからも、ますますご縁を結実して参りたく存じます。

 

連載の内容

第1回「外国人雇用改革の背景」:日本の現状、少子高齢化、労働人口減少等、日本の今をお伝えします

第2回「外国人雇用を取り巻く負のスパイラル」:ネガティブなニュース、悲しい出来事、現場のリアルをお伝えします。

第3回「なぜ日本を目指し、日本に何を求めるのか?」:彼らの思考、行動、キャリアパスなどをお伝えします。

第4回「ベトナムから見た日本の真価」:読者の視点をベトナムに移し、リアルな視点をお伝えします。

第5回「達観した外国人雇用」:日本都合の雇用ではなく、双方にメリットのある有効的雇用事例をお伝えします。

第6回「私たちの挑戦と目指すべき共生」:真の共生とは何か、私たちが提唱する成功モデルをお伝えします。