この「青汁冷麺」、キューサイ株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:神戸聡)と、株式会社ソラノイロ(本社:東京都千代田区、代表:宮﨑千尋)とのコラボレーションで誕生しました。

(株)ソラノイロの宮﨑千尋代表。

 (株)ソラノイロは3年連続で『ミシュランガイド東京』に掲載された「麺とスープと具」全てに野菜を使用した「べジソバ」で人気のラーメン店「ソラノイロ」を運営していますが、その麹町本店(東京都千代田区平河町1-3-10ブルービル本館1B)で、キューサイの青汁を使用した「キューサイのマズくない青汁冷麺」を期間限定発売するのです。

「青汁冷麺」を食べたいという方はソラノイロ麹町本店へ。

「青汁冷麺」を販売するのは2019 年 6 月 20 日(木)より 7 月 19 日(金)までの 1 カ月間。

 1 日限定 20 食です!

 6月19日に開催された、このメディア先行試食会に行ってきました! 今回はこの「青汁冷麺」の試食レポート。栄養素やお薦めの食べ方の情報も紹介します!

ビヨンセ溺愛。スーパーフード「ケール」はこんなにすごい!

 美意識の高いセレブがこぞって愛用する「ケール」。その理由は、ダイエットや美肌に必須な栄養素がぎっしり含まれているから。美肌やダイエットに必須の食物繊維はレタス2個分以上! アンチエジングに働くポリフェノールはブロッコリーを上回り、ビタミンAはトマトの5倍、ビタミンCはグレープフルーツ約2個分。さらにカルシウムは牛乳約2カップ。鉄分、葉酸、亜鉛、マグネシウムなども含む「葉野菜の女王」なんです。

 そのパワーから、米国など海外のサラダ専門店ではケールがないと始まらないくらいの人気の野菜に。日本でもファミリーレストランなどのメニューにも使われたり、スーパーマーケットにも並ぶようになったり、ぐっと身近になりました。「野菜不足解消」を掲げる日本でも、その栄養価の高さから注目が集まっているわけです。

37年前からケール青汁を販売

 キューサイは、ケール青汁の製造・販売を1982 年に開始し、今年で37 年目。当時の世の中は今ほど健康ブームでもなく、どちらかというとグルメや美食ブームの時代。野菜不足もさほど問題視されてもいなかった頃。そんなキューサイにはケールドリンクのパイオニアとして並々ならぬこだわりがあります。

原料のケールは自社栽培で「種」から。こだわりの「無添加」

 原料のケールは100%国産。それもそのはず、島根県の自社農園で種から栽培されています。「健康のために飲むものだから必要のないものは一切入れない」という想いを大切に、保存料・酸化防止剤・着色料不使用の無添加を貫いています。

両者を結んだ「安心・安全」へのこだわり

キューサイ(株)の西澤健 マーケティング統括部 PR企画部 部長。

 麺・スープ・具の全てに野菜を使用した看板メニュー「べジソバ」で人気を博している「ソラノイロ」は産地直送にこだわっています。これはオーナーの宮﨑さんがフランスでオーガニック料理に出会ったことがきっかけ。野菜、お肉、そして調味料に至るまで、また産地だけでなく、作り方までにこだわり抜いた食材だけを使うお店です。

 今回もキューサイの青汁製品へのこだわりに親和性を感じ、コラボが実現したとのこと。たくさんの人の手がかかった、体への優しさがこもった1杯なのです(今回の「青汁冷麺」では、昨年、キューサイが業務用に発売を開始した「キューサイ 青汁のある食卓」が使われています) 。

試食メニュー「キューサイのマズくない青汁冷麺」

 では早速、試食レポートにまいりましょう!

 

 運ばれてきた冷麺は、見た目から涼しげで美しいグリーンの「翡翠麺」。スープもグリーン、キウイフルーツやトマトもグリーンのワントーンに統一され、スタイリッシュ! 映えます。「今日、青汁冷麺食べた」と友人に見せたくなります。

 見た目は抜群。でも、この冷麺1食、麺とスープを合わせると青汁が約4杯分使われているとのこと。キューサイの青汁といえば「マズい!もう一杯」のCMが強烈過ぎて、「苦い」イメージしかありませんでしたから、恐る恐る。あれ? おいしい!

 通常、「翡翠麺」はホウレン草を練り込んだものですが、今回は「ケール麺」。食べてみると、ホウレン草を使ったものより青臭さがなく、例えるなら、抹茶麺のような爽やかさです。さらにキウイフルーツ、トマトと酸味が効いたスープが蒸し暑さの疲労を癒してくれます。

「青汁冷麺」で使っている麺がこちら!

 蒸し暑いランチにはぴったり。刻みケールは長野産のもの。大きいハードなタイプのものですが、細かく刻んであるので“色の濃いキャベツ”のよう。麺と一緒に食べると、シャキシャキしていて、ケールの食物繊維のパワーを感じますね。よく噛むことで食べるスピードがゆっくりになり、血糖値の急上昇を抑えられます。どうしても早食いになってしまう麺類にはこうした食物繊維の多い噛み応えある野菜のトッピングは有効です。

「青汁冷麺」にはケールもトッピング。写真のケールを刻んで使っています。

 そして、煮卵が美味! ケールの苦味がとろとろの「煮卵」の黄身を際立たせます。ケールに含まれる苦味成分、ポリフェノールやビタミンEは、動物性脂肪と一緒に摂取することで吸収力が高まります。

 また、卵の鉄分の吸収効率をケールのビタミンCがアップさせます。おいしさも栄養価も相性も抜群。卵好きにはたまりません。

夏の「麺類」は食べ方を工夫して「夏老け」予防!

 暑い夏はやっぱりさっぱりとした麺類が食べたくなるんですよね。ただ、一般的な外食ではどうしても麺量が多いので、糖質摂取に偏り、タンパク質やビタミン、食物繊維が不足しがち。

 紫外線が強くなる夏は「老けやすい時期」なので、栄養バランスに気をつける必要がありますが、紫外線が肌や眼の老化はもちろん、細胞自体にダメージを与え、老化させる活性酸素が発生させるのは、皆さん、ご存じの通り。ケールにはこの活性酸素を除去する働きがある抗酸化ビタミンエース(A、C、E)が豊富なんです。

 

 夏場のタンパク質とビタミン不足は、血液中の保水力を奪い、熱中症の原因にもなりますが、ケールのビタミンCはタンパク質の吸収を高めてくれるので、この冷麺のように煮卵や鶏肉をトッピングすることで、効率よくタンパク質チャージができます。

 こんなバランスのとれた麺ならぜひ食べたい! 時間がないときでもささっと食べられて、忙しいビジネスマンにもうれしいワンプレートメニューです!

おいしかった青汁にもびっくり!

 今回はキューサイの青汁も提供されました。専用のシャカシャカカップでシェイク。飲んで驚き。あまりにもCMの印象と過去の「苦くてマズイ」イメージがあまりにも強かったのですが、爽やかな抹茶のよう(「うま~い!もう一杯!」でした〈「商業界オンライン」編集長 鈴木)。よくよく考えれば「天然ケールの粉末」。ケールを知ることで心のハードルが下がったようです。

 

 遠方でこの「青汁冷麺」を食べられないという方も、夏場に増える冷たい麺類などのランチ前に青汁を1杯飲んでおくと血糖値の急上昇が抑えられ便利ですよ。粉末タイプはバッグに携帯もOK。ペットボトルの水に溶かしてシャカシャカすればどこでもチャージできますね。

 これまで、シニア向けの健康食品というイメージがあった青汁ですが、野菜不足だと分かっていても、追い付かない! 慌ただしく時間に追われる働き世代、ビジネスパーソンにこそありがたい商品かもしれません。こんなにおいしくて便利ならもっと早く飲んでいればよかった!

 いかがですか? 青汁やケールを使ったメニューやドリンク。一度試してみてはいかがでしょうか!

  • <店舗>ソラノイロ麹町本店
  • 所在地:東京都千代田区平河町1-3-10ブルービル本館1B
  • 営業時間:ランチ11:00~15:00、ディナー18:00~21:00
  • 定休日:土日祝
  • 電話番号:03-3263-5460
  • ※「キューサイのマズくない青汁冷麺」は 1 日限定 20 杯(ランチ 10 杯、ディナー10 杯)です。