(写真は別の企業で開催されたセミナーの模様)

 トマトケチャップや野菜ジュースなどの食品メーカー「カゴメ」がセミナーを売っているのを知っているだろうか?

 実はカゴメの活動領域は幅広い。これまでも商品開発で培ったノウハウを生かし、外食や中食(惣菜)のメニュー開発などをしてきたが、取り組みはこうした「モノの事業」以外にも広がっている。

 それは「モノを生かしたコトの取り組み」。『カゴメ総合研究所』(トマトを中心とした野菜について研究)で得た知見や営業活動で培った提案力などを使った「健康サポートプログラム」が地方自治体の健康づくり支援事業に採択される事例が増えているのだ。

 寺田直行社長は言う。「『健康寿命の延伸』は当社の最大のテーマで、『日本の野菜不足をゼロにする』ことを目指している」(6月6日、神奈川県と進める「未病改善に向けた『野菜摂取促進策2019』」共同記者会見で)。

 カゴメがこうした領域まで踏み出してきたのは、社会課題を解決したいという強い想いがあるから。だから小学校にトマトの苗を無料配布し、それを夏休みに育ててもらったり、育てたトマトで子供たちにトマトケチャップづくりをしてもらったりするなど「食育活動」にも本気。こうした取り組みを通じて、子供たちに野菜に親しんでもらおうとしている。

黒岩祐治神奈川県知事(左から2人目)とカゴメの寺田直行社長(左から3人目)。一番左は神奈川県の人気キャラクター「ミビョーマン」。一番右はカゴメの若月洋一神奈川支社長。
さまざまな形で「食育活動」を進める。放課後NPOアフタースクールと立ち上げた『おいしい!野菜チャレンジ』プログラムでは子供の野菜嫌い克服を目指している。
エリア特有の課題解決として、神奈川県では「20~30代への野菜摂取の機会づくり」を推進。中食のメニュー開発を行う他、県内企業の社員食堂でカゴメが提案する野菜たっぷりメニューを展開する。
京急ストアでは「かながわブランド三浦半島産こだわりかぼちゃ」を使った惣菜を展開。地産地消の取り組みだが、カボチャの加工をカゴメが行うことで提供機会の拡大を図る。

参加者の意識、行動が変わる『食生活改善セミナー』

 カゴメが販売を始めたセミナーの名称は『食生活改善セミナー』。カゴメの『野菜と生活 管理栄養士ラボ』メンバー(国家資格「管理栄養士」を保持する従業員45人が所属)が講師となり、「野菜を取り入れて食生活を改善する重要性や方法」を紹介する内容だ。

 これはカゴメが取り組んでいる「健康サポートプログラム」の主要コンテンツになっているもので、現在、企業や行政機関から依頼が殺到している。

 このセミナー、企業ではその従業員の、自治体ではその地域住民の健康促進を目的に行われるが、そこには野菜が体によいと理解していても意識・行動を変えるのは難しいこと、また現代社会の野菜を摂取しにくい現状がある(「調理が面倒」「調理の時間がない」「外食だと取りにくい」など)。

 こうした課題を自分たちでは解決できないので、カゴメに依頼がくるわけだが、『食生活改善セミナー』は忙しく過ごす現代人でも取り組みやすい手法を楽しく、分かりやすく紹介する。

 だから、「参加者の意識が変わり、行動も変わる」(曽根智子 執行役員 健康事業部長兼女性活躍推進担当)。そして、そのことを知った企業、自治体が「うちも」と声を掛けるわけだ。

 今回、都内のある企業で行われた『食生活改善セミナー』に参加した。