近年、あまり見掛けなくなりましたが、私の住む地域ではいまだに深夜、「暴走族の爆音とパトカーのサイレン」が鳴り響くことがあります。

 警視庁のホームページを見ると、「暴走族のグループ数や構成員数は、総体として緩やかな減少傾向にあるものの、その中には依然として活発に活動している者も多数おり」とあるのを読み、コンビニオーナーだった時の記憶がよみがえりました。

SOSで店に駆け付けると、火の玉が飛んでいた

 深夜、携帯電話が鳴り響いた。電話に出ると「ヒィエー……」と従業員の叫び声。「何があったんだ」と聞くと、「暴走族が、ヒィエー、オーナー、助けて!!」。彼はコンビニ経営を始める前の会社の後輩。開業当初、深夜勤務の従業員が見つからず、会社を辞めていた彼にお願いをし、週に何日かシフトに入ってもらっていたのでした。

 自分の店に“緊急出動”すると、改造した単車が10数台。20人ほどの暴走族が店前の駐車場に集結していました。そして、目の前には火の玉が飛び交っている。何かでつくったボールに火を付け、それでサッカーをしていたのでした……。

 それでも、SOSの電話をしてきた従業員が心配なので、サッカーをする集団の間を通り、店内に入ろうとすると、突然、現れた私に暴走族が「どちらさまですか?」とていねいな口調で聞いてきた。

「自分はこの店の人間だけれど、従業員が慌てて電話をしてきたから駆け付けたんだ。ところで、何があったの?」と、こちらもていねいな口調で語り掛けると、「中の従業員のぞんざいで人を見下したような接客に頭にきた。だから、恫喝したんだ」との答え。「それは申し訳なかった。きちんと教育する」と彼らに詫び、「ところで、その火の玉は何?」と聞くと、「トイレットペーパーを丸めて火を付けた」とのこと。

 深夜の騒動は近所迷惑になるので、「頼むから勘弁して」と話していると、サイレントとともにパトカーが到着。そこから警察官が降りると同時に、彼らは火の玉だけを残し、爆音とともに闇夜に逃走していきました。

 その場は収まりましたが、駐車場には彼らの宴の跡(散乱したごみ)。店内に隠れていた従業員に「もう、彼らはいないぞ!安心しろ!」と言うと、笑顔で「オーナー、警察より早く来たねー、すごいねー」と。そこで、「お前、そんなことに関心するよりも、彼らに聞いたけど、トラブルの原因はぞんさいな接客だというが、本当にそんな態度をとったのか?」と聞くと、「だって、あいつらは暴走族で……」と言う。「その態度が伝わるんだよ。善悪は差し置いて、みんな、プライドがあるんだよ」と言い、その場は終わりになりました。結局、この助言を聞くことなく、その従業員は数カ月後にやめていきました。

少年たちと語り合い、彼らを諭して思ったこと

 私は暴走族の少年たちをひとくくりで「悪党だ!」「不良だ!」と糾弾することためらいを感じます。しかし、現実には彼らは深夜、店の前にたむろし、時に店内を徘徊し、中にはチームで商品を盗むといった振る舞いに出ます(私の店も実際に被害を受けました)。

 非行に走った彼らが社会からドロップアウトし、自己主張の手段としてアウトローの行動をとるのは、生まれも育ちもさまざまで、いろいろな悩みを抱えているからのように思います。私はコンビニを開業して以来、時には語り合い、彼らを諭してきました。

 ある暴走族の少年に「自分、暴走や非行を繰り返していて、将来の夢はないのか?」と聞いたことがあります。すると、「いや、俺、本当は温かい家庭が持ちたいんだ。だから、大工になって親方になりたいんだよ」という言葉が返ってきました。私は「温かい家庭と大工の親方か! 素敵な夢があるじゃないか!頑張れよ!」と言いました。

 その後、属する暴走族チームが連続集団傷害事件を起こし、彼が逮捕されたという噂を耳にしました。少年鑑別所から戻った彼が店に立ち寄ってくれた時、その事件の顛末を話してくれましたが、「もう二度と鑑別所に戻るなよ」と諭し、真っ当な人生を歩んでくれることを願いました。

 しかし、その願いもむなしく、彼は保護観察中にまたも事件を起こし、少年院に送致されました。少年院を退院した彼からはしばらく音沙汰がありませんでしたが、ある日、ひょっこり、店に顔を出してくれました。「おー、いい顔しているな!仕事、頑張っているか?」と声を掛けると、「今はとびの親方になって、社長業で頑張っています」と照れながら答えてくれました。

 毎年、社会になじめなかったり、暴走する若者たちが現実に生まれてきています。私は青春の真っただ中に事故で亡くなった友人を思い浮かべながら、こうした若者たち一人一人と語り合うのですが、彼らと接し、さまざまな思いを抱きます。

 しかし、店を運営する以上、コンビニの前でたむろされては迷惑ですし、他のお客さまに不快感を与えてしまいます。ビジネス上はどこかで線を引く必要があるのです。