イオンは即食需要の喚起と取り込みのため、「買って、食べて帰る!」新しい食のスタイル「ここdeデリ」の展開に力を入れている。

 飲食と物販を融合させてイートイン機能を備え、専門ショップの出来たてメニューや惣菜、弁当、パン、スイーツ、ドリンクなどを自由に持ち込め、楽しめる。近年、国内でも展開されている米国スーパーマーケット発の「グローサラント」の一種である。

 数年前からイオンは、海鮮丼「魚魚菜(ととさい)」、ステーキ・ハンバーグ店「ガブリングステーキ」、パスタ「ペルグラーノ」といった食事メニューを提供する専門店や、ジューススタンド「Depot de sante(デポデサンテ)」、チョップドサラダ専門店「サラダビッツ」、サンドイッチショップ「deli Sand(デリサンド)」などのテイクアウトも可能なショップを開発してきた。

「魚魚菜」は水産、「ガブリングステーキ」は畜産、「デポデサンテ」は農産売場と連携しているのも特徴で、元の売場に併設して展開しているケースもある。

 イートイン需要が高いベーカリー「カンテボーレ」では、モーニングやランチ、カフェタイムを意識したメニューを提供。デリカでも即食対応のアイテムを拡充し、デリとサラダが選べる「リワードキッチンプラス」も登場させて強化している。

 また、ナイトタイムも想定して、イオンリカーではワインなどアルコールと軽食メニューを用意したバルも展開している。

 ここdeデリは、今まで大型店やサテライト店舗に導入してきたが、今春から小型スーパーマーケットにも導入を開始した。

新店舗から見えた「ここdeデリの進化」

イオンスタイル上麻生
「スーパーマーケットに広いイートイン」

 

 3月29日にオープンした「イオンスタイル上麻生」(川崎市麻生区)では、近隣に飲食店が少ないこともあり、イートインスペースは72席で店舗規模を考えると広く取り、「ここdeデリ」の看板を初めて掲げた。

 

 キッチンブースの食事メニューは、「ガブリングステーキ」と「ペルグラーノ」にカレーを加えて、「肉たっぷり鉄板ビーフライス」680円(税込み)など低価格アイテムも投入。カレーは380円(税込み)と手頃な価格だ。ドリンクは有機栽培の抹茶やほうじ茶を使用した抹茶ラテも取り扱い、ビール、ワイン、ハイボールなどアルコールも用意した。

 券売機を設けてバイオーダーで注文を受け付ける。オープンは11時、ラストオーダーは20時、10人の従業員で運営するため厨房は一体化させ効率化を図っている。

 

 弁当は、インストアとアウトが7:3の比率。カフェで人気の雑穀米を使用した弁当「雑穀プレート」をランチメニューとして提供。ロコモコ、黒酢、ガバオの3種類で価格は537円(税込み)。

 
 
 

 ベーカリーでも「イオンドリップカフェ」を併設。焼きてパンを15アイテム提供しながら、パン・サラダ・ゆで卵・コーヒーの「モーニングセット」270円(税込み)も投入し、朝の需要の取り込みを図る。

イオンスタイル幕張ベイパーク
「効率化を図る仕組みも導入」

 4月13日に出店した「イオンスタイル幕張ベイパーク」(千葉市美浜区)では、「ガブリングステーキ」と「ペルグラーノ」に加え、1品につき3種類以上の野菜を使い、約20種類のサンドイッチをそろえた「deli Sand(デリサンド)」も導入した。厨房ではデリカの商品も製造し、さらに効率化を目指す。

 イートインスペースは約100席で11時から営業、ラストオーダーは20時で、22時まで利用できる。

 飲食機能では、イオンのコーヒー豆と輸入食品専門店「カフェランテ」が「厳選豆」「自家焙煎」「本格抽出」をコンセプトにしたカフェを初めて出店。コーヒーゼリーなどスイーツも用意し、ハンドドリップとサイフォンで提供する。

 売場では生豆を約30種類そろえ、店内で焙煎したコーヒー豆、コーヒーや酒などに合う21種類のオリジナルのフレーバーナッツも購入できる。

 

 ベーカリーは約30アイテム。時間帯で商品構成を変え、モーニングやランチ需要にも対応する。焼成機はあらかじめ、商品によって温度や時間を登録してボタン1つで誰でも操作できるドイツ製の最新機器を導入しているため、誰でも使えて一定の状態でパンを提供できる。

 

 デリカの対面販売「リワードキッチン」は売場を広く取り、ローストビーフやサラダなどをはじめ、和洋中30種類の惣菜をそろえてランチ限定で好みに合わせて選べる弁当も取り扱う。

 

 デリカ売場で販売している商品は、「ここdeデリ」のイートインスペースで食べられる。POPも掲示し、即食需要を喚起している。

イオンスタイル美園三丁目
「即食の可能性を広げる温惣菜を提供」

 4月26日オープンした「イオンスタイル美園三丁目」(さいたま市緑区)では、40席のイートインスペースを設け、ベーカリーと惣菜の対面販売「リワードキッチン」を隣接して展開している。

 上麻生、幕張ベイパークとは異なるコンテンツで、メインとなるのが「リワードキッチン」だ。従来の惣菜、サラダの量り売りに加えて、北関東で初めて即食と持ち帰り双方に対応し、温かい出来たてのおかず3品とごはんのセットメニューを提供する新しいスタイルで展開している。

 冷惣菜8アイテム、加温した温かい惣菜を6アイテム、合計14アイテムを常時そろえ、ごはんのセットメニューは、「ごろっと肉じゃが」「さばの味噌煮」などおかず3品とごはんで626円(税込み)。店内で食べる場合はみそ汁を無料でサービスする。

 カレーも並盛494円(税込み)、小盛429円(税込み)で提供。そして、「牛肉コロッケ」「えびフライ」「柔らか豚ひれかつ」のトッピングを62円(税込み)で用意している。

 これは今春から始まった取り組みで、リワードキッチンの進化を目指しており、即食におけるレンジイン加熱を必要としない温惣菜の可能性を感じさせた。

 プロサッカークラブ『浦和レッドダイヤモンズ』の本拠地である埼玉スタジアムが近くにあることから、赤色にこだわった「レッズ飯」を対面販売で提供。「旨辛四川風麻婆豆腐」などを用意している。

 ベーカリーでも浦和レッズのユニフォームをデザインした背番号入りの「赤リンゴのダイヤパン」、サルサソースとチェダーチーズをトッピングしたフランクフルトの「レッドチリサルサ」各162円(税込み)と浦和レッズにちなんだ商品を販売している。ベーカリーは21アイテム。