ゲオグループが始めたオフプライスストア「Luck・Rack Clearance Market」(コーナン港北インター店/神奈川県横浜市)

 過剰供給で値引き販売が常態化し過半が売れ残るわが国のアパレル流通だが、大差ない状況の米国では明快な答えが出ている。オフプライスストア(OPS)がその回答で、OPS上位3社合計売上高は15年(16年1月期)に百貨店上位3社合計売上高を抜いて18年は3割も上回り、OPSの衣料・服飾雑貨市場に占める売上げシェアは百貨店(14%弱)を引き離して17%に迫っている。

 

ブランド購入の大半はオフプライス

 

 OPS上位3社(TJX/ロス・ストアーズ/バーリントン・ストアーズ)は18年(19年1月期)も増収増益で、合計売上高は606.4億ドルと百貨店上位3社(メイシーズ/ノードストロム/ディラード)合計の468.1億ドルを29.5%も上回った。ノードストロムの売上げには246店を展開するOPS業態「ノードストロム・ラック」の51.8億ドルを含むから、それを移行すればOPS上位4社売上高は658.2億ドルと百貨店上位3社売上高の416.3億ドルを6割近くも上回る。メイシーズもOPS業態「バックステージ」(売上非公表)を172店(うちメイシーズ内165店)も展開しているから、OPSと百貨店の売上格差はさらに開く。

 百貨店が扱うブランドとOPSが扱うブランドはイコールではないが、ハイブランドの一部を除けば限りなく重複している。百貨店売上総額とOPS売上総額のシェアはほぼ45対55というオーバーバランスまできており、百貨店もセールを乱発しているからプロパー価格での販売を半分と見るなら、ファッションブランド商品の8割近くがオフプライスで買われている計算になる。全てが大幅値引き販売のOPSは数量ベースではさらに高シェアなはずで、もしかすると9割近くがオフプライスで買われているのかもしれない。

 この計算にはブランドメーカーが直販するアウトレットストアの売上げは入っていないが、卸比率が高いブランドは余剰在庫を処分するアウトレットストアをプロパー直営店以上に展開するケースが多く、「ラルフローレン」はプロパーの直営店111店に対してアウトレットの「ポロ・ファクトリーストア」を290店も展開している(19年3月期末)。

 百貨店のキックオフやセールはもちろん、フラッシュセールサイトやOPSにアウトレットストアまで含めれば、米国ではファッションブランドを定価で購入するのは少数派で、大半は何らかのオフプライスで購入していると見るべきだろう。

写真はT.J.マックス

焼却処分や海外輸出でガス抜き

 セールを繰り返してもファミリーセールやアウトレットで叩き売っても過半が売れ残るわが国のアパレル流通だが、米国ほどオフプライス購入がメジャー化しているわけではない。アウトレットモールは37カ所(実質稼働30カ所)と米国の10分の1に留まるし、ローカルや郊外にディスカウントストアはあってもファッションブランドをそろえたOPSチェーンが存在するわけでもなく、ドン・キホーテが近似した役割を果たしているにすぎない。

 どうしてそれで収まっているのかというと、売れ残り在庫の多くが翌期に持ち越されたり焼却処分されたり、中古衣料として海外に輸出されたりしてガス抜きされ、オフプライス市場に出回る商品は限られるからだ。

 売れ残り在庫のうちどの程度が焼却処分されているかつかめる統計は存在しないが、全額減損処理するのは財務的負担が重く、利益を上げているアパレル業者でないと難しい。ファミリーセールなどで現金化を図り、残った在庫は翌期に持ち越して販売消化に努めようとするアパレル業者が多く、紳士服メーカーでは2割前後、婦人服メーカーでも1割強が持ち越されているようだ。

 二次流通業者(バッタ屋さん)に放出すると資金回収できるが、期末では調達原価の半分、持ち越してしまうとその半分程度に買い叩かれてしまう。ブランドイメージにこだわって販路を海外に限定したりブランドネームをカットするなど条件をつければ、買取金額はさらに下がる。

 二次流通業者が引き取った在庫も国内で商品として再販されるのは一部で、多くは「中古衣料」としてトン幾らで海外(大半がアジア)に輸出されていく。その量は18年で23万7000トンに上るが、製品にすれば9億〜10億点ほどになると思われる。18年の総供給点数28億9900万点から推定消費点数13億6100万枚を引けば15億3800万点が売れ残った計算になるから、輸出点数との差の5億〜6億点ほどが焼却処分されたり国内に再流通したものと推計される(持ち越し在庫は毎年、繰り越されていくので計算から除外した)。

 海外に輸出された「中古衣料」はマレーシアなどの仕分け基地で再販売可能な製品とウエスや繊維原料に一次仕分けされ、再販売可能な製品はアイテムやシーズンに二次仕分けされ、おそらくターゲットやテイスト別に三次仕分けされて再輸出されていく。18年にわが国に輸入された中古衣料は輸出の40分の1弱の5842トンで米国が3分の1強を占め、仕分け基地のマレーシアは16.7%(975トン)、韓国は9.9%(577トン)と限られるから製品の還流は知れている。