4月26日、増床リニューアルオープンした「銀座ロフト」。オープン日には雨天にもかかわらず開店前に長い行列ができ、10連休も多くの人たちで賑わった。今回は、今までのロフトのイメージを変えるべく果敢にチャレンジをしている。3階から6階のフロアごとの取り組みを紹介し、日本最先端の雑貨シーンを確認してみる。

3階「ファッション雑貨 バッグ&トラベル用品」

 3階はバッグ、トラベル用品、ファッション雑貨、アクセサリー、腕時計、スマートフォングッズなどを展開し、スポーツサングラス専門店「EAUDEVIE(オードビー)」や、沖縄・石垣島の「BRANCHES by TILLA・EARTH(ブランチズ バイ ティーラアース) 」「MoMA Design Store Ginza」といった特色あるショップも導入している。

 バッグはタウンユースからトラベルまで幅広く展開している。アメリカ国防省が定めた軍用基準(MIL-SPEC)に対応した指定ファクトリーで生産されており、全ての素材がMIL-SPEC対応の「MIS」はロフト初展開。

 

 トラベル用品もさまざまなものを取り扱い、ニーズに対応。

 

 沖縄・石垣島の「BRANCHES by TILLA・EARTH(ブランチズ バイ ティーラアース)」が県外初出店。アクセサリー、トートバッグ、ポーチ、Tシャツなどを展開している。今春 3月にオープンした石垣島の「ブランチズ ヴィ ラ ヤマバレ」のオリジナルホテルグッズショップも併設。

 

「EAUDEVIE(オードビー)」。日本初のスポーツサングラス専門店として、スポーツサングラスを個人の顔の形状に合わせてフィッティング提案、度付きのサングラスも提供する。

 

 ニューヨーク近代美術館(MoMA)のショップインショップ「MoMA Design Store Ginza」。約17坪でおよそ400アイテムを展開している。人気商品は草間彌生グッズ、チャンピオンのトレーナー、ニューヨークヤンキースのキャップ。

 

 意外と充実している傘やレインウエアコーナー。リニューアル前はコンセプチュアルな取り組みもあったが、今回はオーソドックスな売場。

4階「生活雑貨」

 4階はテーブルウエア、キッチン用品、掃除、洗濯、バスなど生活雑貨アイテムを展開。エコやサスティブルな素材、成分に配慮したアイテムも用意している。

 
 

「日本の道具」では、「川端滝三郎商店」「月兎印」「かもしか道具店」「畑漆器店」など日常の使い勝手の機能を担保し、デザイン性の高いこだわりの生活雑貨を集積している。

 

 ワイン、日本酒、ウィスキーとグラスなどのグッズを一緒に展開。

 

 生ゴミを分解するゴミ箱などユニークなグッズを集積してコーナー展開している。