〈提案〉「サラダフィッシュ(バジル)」は火を通す料理で!

 

 原材料は白身の「すけそうだら」。低脂肪、低糖質、高タンパクで消化が良い魚です。

 血管の若返りや脂肪燃焼効果など注目のオイル、DHA、EPAも、青魚ほどではないですが、摂取できます。淡白な味なので、そのまま常温で食べるよりも火を通す調理に向いています。ペッパーとハーブ、オリーブオイルで下味がついているので、アサリや野菜と一緒にオリーブオイルで軽く煮てアクアパッツア風に。骨がないので、そのままフライにも便利です。“抗酸化野菜”のトマトやレモンと一緒に摂取することで、DHA、EPAの酸化を防ぎ、効果アップさせます。同時に、旨みもアップしますよ。

 

 いかがでしたか?

 ローソンは、「食べ応えがあって、タンパク質たっぷり」「糖質カット、カロリーカット」という従来のサラダチキンのニーズだけでなく、新たな健康のキーワード「適量」「少量」「間食」のニーズにもいち早く対応した商品開発が進んでいました(今回、取り上げられなかった商品もたくさんあります)。 今後も「健康ステーション」ローソンに注目していきたいと思います!

◆昨年の記事はこちら→『ローソンの「サラダチキン」これが買いです!』