今年のGWは最大10日間の大型連休となっており、各観光地ではこれまで以上の盛り上がりが予想される。そんな中、GWを都内で過ごそうと思っている方に注目のスポットを紹介したい。2016年から毎年春に期間限定で開催している「Kiri®Café」が、青山、目白、名古屋で今年もオープンする(4月23日~5月19日の期間限定オープン)。Royal Garden Café 青山でメディア向け発表会があったのでお薦めメニューを紹介したい。

「Kiri®Café」のお薦めメニューはこれ!

 今年の「Kiri®Café」のコンセプトは「ピクニック」で、春の爽やかなそよ風や暖かい太陽の光が注ぐ広い草原をイメージしたカフェで、思わず笑顔があふれ、ワクワクするひとときを提供する。

 料理は、「キリ」の濃厚でクリーミーなおいしさが楽しめるメニューが13種。特にお薦めなのが、国内外のスイーツコンテストで数々の賞を受賞し、世界から注目されているパティシエの「パティシエ エス コヤマ」のオーナーシェフ小山進氏による、Royal Garden Café 青山限定のオリジナルスイーツプレートコピーのes koyama プレート「Kiri®NO.5 2019」(1日120セット コーヒーor紅茶付き2500円/スイーツ単品2200円)だ。

 

 左から、「小山ぷりん ルビーチョコ&桜フランボワーズ+Kiri®」「小山チーズ エチオピアンコーヒー+ルビーチョコレート」「Kiri®クリームチーズのシフォンケーキ」「ハイビスカス&3ベリーズ」「Kiri®クリームチーズアイス」。

 第4弾となる今回は、カカオフルーツが本来持っているフルーティさを生かした味わいが特徴の「第4のチョコ」として話題沸騰中のルビーチョコレートを使用したスイーツも登場し、さらに味の幅が広がった。また、春らしい華やかな色合いで、ハイビスカスやフランボワーズなどを使って味わいも爽やかに。さらに、数種類のベリーを合わせて複雑みのある酸味を表現するなど、アイテムそれぞれが持つ味わいの奥行きを感じさせる。

「Kiri®NO.5 2019」を食べてみた

 メディア内覧会では、「Kiri®NO.5 2019」を一足先に食べられたので、各アイテムの特徴を紹介する。

 まず、「Kiri®クリームチーズアイス」から。

 

 口当たりがしっとりしており、ふわっとチーズ感が漂い「キリ クリームチーズ」の濃厚さがストレートに表現されている。シンプルだが、とても食べやすい。

 

 続いて「ハイビスカス&3ベリーズ」。ハイビスカスの酸味とチーズの濃厚さが相まって、絶妙な甘さを醸し出している。一口サイズなのでわんこそばみたいに何個でも食べられそうだ。

 

 そして、「Kiri®クリームチーズのシフォンケーキ」。シフォンケーキの甘さに濃厚なチーズが絡み、絶妙なハーモニーを奏でている。個人的にはシフォンケーキに「Kiri® クリームチーズアイス」を付けると、ものすごくおいしかったのでぜひお試しを。

 

「小山チーズ エチオピアンコーヒー+ルビーチョコレート」。ルビーチョコのカカオの風味を強く感じる味わいで、酸味と苦味が相まって、大人のスイーツという感じだ。

 

 最後は「小山ぷりん ルビーチョコ&桜フランボワーズ+Kiri®」。上にかかっているベリーソースは甘いプリンに甘酸っぱさを感じさせてくれる。そして、カラメルソースの程よい苦味が後味をすっきりとさせてくれて、1個で2度楽しめる味だ。

 この「Kiri®NO.5 2019」スイーツプレートの中から、一番好きなアイテムを探してみるのも楽しい。私は「キリ クリームチーズ」の良さをストレートに表現している「Kiri®クリームチーズアイス」であった。

 そして、店内もおしゃれな雰囲気でSNS映えするので、GW中に一度足を運んでみてはいかがだろうか。

※「Kiri®NO.5 2019」スイーツプレートは、Royal Garden Café 青山店のみで 1日120セット。

  • 店舗名/Royal Garden Café 青山
  • 住所/東京都港区北青山2-1-19
  • 開催期間/2019年4月23日~5月19日
  • 営業時間/11:00~23:00(LO.22:00)
  •