「LifeWearはあらゆる人の生活を豊かにするための服」

 最後にわれわれのビジネスの根底にある『LifeWear』というコンセプトについてお話ししたいと思います。昨年の8月にスウェーデンのストックホルムに北欧で初めての店をオープンしました。オープン当日には1000人以上のお客さまが列をつくり大成功。われわれの『LifeWear』が持つ世界観が現地の人々に非常に高い評価を頂いております。このストックホルムの出店というご縁をきっかけに、今年の1月にユニクロはスウェーデンのオリンピック委員会とパートナーシップを結び、スウェーデンオリンピック・パラリンピックチームのメインパートナーとして選手のユニフォームを提供することになりました。

 ユニクロは今後、4年間に渡り、2020年に東京で開かれるオリンピック・パラリンピック競技大会、2022年に北京で開かれる冬季オリンピック・パラリンピック競技大会を含む試合や競技でスウェーデンの代表選手団と関係者にユニフォームを提供する。今年の後半からユニクロの既存のアイテムの提供に合わせ、選手団専用に特別にデザインしたアイテムの提供を開始します。スウェーデンの皆さまをぜひ応援したいという気持ちから契約の締結に至りました。今後とも両国の相互理解の促進と関係強化に貢献したいと思います。

 私たちの服とは何かという考え方、服に対する基本的な姿勢を表した『LifeWear』。これはあらゆる人の生活をより豊かにするための服、美意識のある合理性を持ち、シンプルで上質、そして細部への工夫に満ちて、生活ニーズから考え抜かれ、進化し続ける普段着であります。世界中の人々が気軽に買える自らのライフスタイルをつくる道具であります。そのような服を私たちは『LifeWear』と呼んでおります。創業時から大切にしてきた私たちの服に対する考え方を10数年前から社内外の多くのクリエーターと議論を続け、『LifeWear』のコンセプトに結実させました。『LifeWear』に対する世界での評価は飛躍的に高まってまいりました。

 昨年9月のパリ ファッションウイーク期間中にジュ・ド・ポーム国立美術館で開催した『The Art and Science of LifeWear : Creating a New Standard in Knitwear』は『LifeWear』のコンセプトを最も分かりやすく体現しております。ニットウェアを中心に素材の選択から匠の技、デザイン、生産、仕上げの技術までを公開し、ユニクロのニットウェアがいかに世界で唯一無二の商品であるかをお見せしました。世界各国のメディア関係者や一般市民が多数来場され、大盛況でした。

 また、今、最も注目されるデザイナーの1人であるロンドン出身のJW ANDERSONさんとコラボレーションし、「UNIQLO and JW ANDERSON」というコレクションを17年秋冬から展開し始めました。商品の完成度が非常に高く、最近発表した19年春夏のコレクションは発売初日に英国および欧州全域のEコマース売上げの半分を占めるほど大成功いたしました。今回のコラボレーションの意義は「ファッションを民主化する」ということです。私たちが目指したのは、どんな世代の人も着てみたいと思う服が選べるようなコレクション。『ファッションの民主化』を掲げるJW ANDERSONさんの服に対する考え方は、われわれの『LifeWear』を通じて服の民主主義を実現したいという発想にとても近い。だからこそ、私たちは会ってすぐ意気投合し、コラボレーションが決まりました。

 服を変え、常識を変え、世界を変えていく。これは私たちのステートメント。毎回お伝えしていることですが、私たちの全ての出発点がここにあります。従来の概念を覆し、全く新しい服をつくり出す。それによって人々の暮らしをもっと楽しく、快適で便利なものにする『LifeWear』のコンセプトのもと、優れた才能や技術を持つ世界中の個人や企業と協力し、世の中に例のない全く新しい産業を生み出し、よりよい社会の実現に貢献する。これからもご支援をよろしくお願いしたいと思います。