春から初夏の潮干狩りシーズンに向けてぐっとうま味が増してくるアサリ。

 アサリには、自律神経が乱れがちなこの時期の体調を助けてくれる必栄養素がぎっしり。旬の食材から自然のパワーをもらい、おいしく、健康を取り戻しましょう!

<鉄分+ビタミンB2>で「慢性疲労回復」

 鉄分は女性向けだと思ってませんか?

 実は鉄分は体に酸素を送る重要な栄養素なんです。アサリには鉄分が100g当たり約7mgと豊富(1日当たりの推奨量は6〜6.5mg)。

そして、慢性疲労の予防効果もあると言われているのがビタミンB2です。

B12>で「肩こり・眼精疲労・ストレスに」

 ビタミンB12は、赤血球の生成をサポートしてくれるビタミン(葉酸にも同様の働きがあります)。ビタミンB12は精神的なストレスで減りやすく、肩こりや眼精疲労の原因になります。

<タウリン>で「肝臓ケア」

 慢性的な疲れは肝臓からのSOS。お酒を飲まないからといって関係ないと思ったら大間違いです。肝臓は体全体の代謝を司る重要な臓器。そんな肝臓の保護をしてくれるのがタウリンで、アサリのうま味成分でもあります。アルコールの代謝を助けてくれ、二日酔い防止にもアサリはお薦めです。

<亜鉛>で「新陳代謝、免疫力アップ」

 冬に溜め込んだ毒素を春に排出することで、季節の変化に体が順応してくれます。しかし、花粉症や寒暖の変化など、春は免疫力が低下しやすい季節。免疫が落ちていると、解毒がうまくいかないことも。これを助けてくれるのが亜鉛です。これは免疫力を賦活させ、新陳代謝を助けます。肌荒れや抜け毛などの改善にも亜鉛の働きは期待大です。

効果的な調理法は「汁ごと」飲める「スープ」がお勧め!

 アサリの栄養素は、加熱する水分の中に流れ出ます。そのため、アサリのみそ汁やチャウダーなど、「汁ごと」アサリの栄養を余すことなくチャージできる「スープ」がお勧めの調理法です!

砂抜きが面倒なら水煮缶もOK!

 

 殻付きの生のアサリは砂抜きが必要。とてもおいしく栄養量も抜群ですが、時間がないときは面倒ですよね。そんなときは手軽な水煮缶を使いましょう!

 その場合は、栄養の溶け込んだ汁ごと料理に使いましょう! 栄養とともにコハク酸のうま味成分が溶け込んでいるから、だしいらず。おいしいスープができます!