セブン-イレブンの「7pay(セブンペイ)」、KDDIの「auペイ」が発表され、さらに乱立模様のスマホ決済サービス市場。ユーザーの利用状況についてネット行動分析を提供する(株)ヴァリューズが発表したデータによるとPayPayが市場を独占しているようだ。

キャンペーン効果で絶好調のPayPay

 2018年12月に実施した、「100億円あげちゃうキャンペーン」で一気に新規ユーザーを獲得したPayPayは2019年に入っても順調にユーザーを増やし、2月時点での月次利用ユーザーは599万人に達した。

 

 1月に落ち込むも2月は急回復、600万人に迫る月次利用ユーザー数となった。主要決済アプリの月次ユーザー数からは、第2弾キャンペーンが前回以上にPayPayユーザーを集めている様子が明らかになった。

 第1弾キャンペーン終了後、1月は441万人と落ち込んだ利用ユーザーが、2月には前月比36%増の599万人に急増し、相応のインパクトを与えている(図表1)。

 第1弾キャンペーンでいきなりPayPayに抜き去られた楽天ペイ、Origami決済アプリがこの間、ユーザー数で巻き返すことはなかったものの、両サービスとも右肩上がりで増加。PayPayキャンペーンはスマホ決済への注目を集め、市場自体の拡大に寄与したようだ。

 

 日次の主要決済アプリインストールユーザー数からは、第2弾キャンペーンが新規インストールユーザーも着実につかんでいることが分かる(図表 2)。

 第2弾キャンペーン期間中のPayPayインストールユーザーは、2月13日(水)が9万9000人で最多。ついで2月16日(土)も8万5000人がPayPayをインストールした。

 12月9日に60万3000人のインストールを促した第1弾キャンペーンに比べると控えめながら、やはりキャッシュバックの威力は大きく、2月12日(火)から2月28日(木)の17日間で合計70万人以上が新たにPayPayをインストールした計算。この結果、2月時点のアプリ所持ユーザー数は774万人に到達した。

 他の主要アプリは楽天ペイが2月21日(木)に4万5000人をマークしたものの、おおむね2万人以下で推移しており、PayPayの強さが際立った。

乱立するスマホ決済サービスをけん引するか

 スマホ決済サービスはPayPayが独走状態となっているが、4月に「auペイ」、7月には「7pay」のサービス開始が予定されている。正直、決済サービスが多過ぎてユーザーとしては、どれを使えばいいのか分からない状況だ。

 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの大原孝治社長も「IT、金融各社のさまざまな決済手段があまりにも増え過ぎている」と決算会見で語ったように、スマホ決済サービスは乱立しているのは明らかだ。

 PayPayが「第2弾100億円あげちゃうキャンペーン」終了後もユーザーを獲得し続け、スマホ決済市場をけん引できるのか注目していきたい。