ユナイテッドアローズのショーウインドー

 3月に入って緩やかな気温上昇とともに、桜前線も上昇して東京では21日に桜の開花発表があった。春分の日の祝日が飛び石休みになってしまったことと寒暖差が激しく、「寒の戻り」を感じさせる気温は、梅春商品にはプラスに働いたが、薄手の春物商品にはマイナスとなった。

※今月は月末締め企業では前年同月比で休日が1日多かったのも加味する必要があります。

東京都の平均最高気温は15.4℃、平均最低気温は6.7℃。季節の変わり目の特徴の1つとして不安定な天候が挙げられる。特に春分の日過ぎの週末(22、23日)の最高気温の差がそれまでから-15℃と極端な気温変化を記録した。

ユナイテッドアローズ(既存店*1売上高 113.2%、客数 100.2%、客単価102.2%

【主要施策】It WORKS 新「働着方」改革 ~タイドアップからオフィスカジュアルまでの提案~ 【話題の取り組み】 Feature 今、ほしいのは週3着まわせる服 ~JK、ワンピ、スカート着回し術~ 【注目アイテム】メンズ→①THE NORTH FACE別注マウンテンパーカ(税込3万6720円)/メンズ→②karrimor別注 トライトンライトジャケット(税込1万7280円)/レディス→③HYKEトレンチコート(税込8万1000円)

  前年に比べて気温の低い日が多かったものの、メンズでは春物アウターや機能性素材の商品、ウィメンズでは中軽衣料全般の動きが目立った。ノースフェイスの人気はこの春も根強くマウンテンパーカといった春アウターにまで浸透、新手として英国アウトドアブランドの「カリマー」も登場して本格的な機能を携えつつスタイリッシュなデザインアウターに人気が集まる。

 今月は前年同月に比べて休日が1日多く、「小売+ネット通販既存店売上高前期比」に対して+1.6%程度の影響があったと推測される。

アダストリア(既存店)売上高 108.2%、客数 104.1%、客単価 104.0%

【主要施策】メンズ雑誌Beginとの協業/ 生活雑貨GLOBAL WORK GENERAL GOODS発売 【話題の取り組み】FRESHNESS BURGERコラボ(ニコアンド)、LOGOSコラボ(スタディオクリップ) 【注目アイテム】レディス→①麻混ワンピコート(税込7020円)、②4wayストレッチデニムスリムパンツ(税込4212円)/ メンズ→③ステッチショートブルゾン(税込7452円)

 3月の好調ブランドは「グローバルワーク」「ローリーズファーム」「スタディオクリップ」「レプシィム」。アイテム別では、ブランド横断の販促キャンペーンを展開したトレンチコートをはじめとする軽アウターや、ワンピース、スカートなどが売上げの中心となった。

 基幹ブランドのグローバルワークのNBブランドの取り扱いが広がり、フィラの他にチャンピオン、ニューバランスが新たに加わった。昨年7月にグローバルワークとコラボしたLOGOSは、スタディオクリップとコラボして春のアウトドア需要に対応した。

ユニクロ既存店)売上高 104.5%、客数 110.1%、客単価 94.9%

【主要施策】「三太郎の日」エアリズムをプレゼントキャンペーン(auユーザー向け) 【話題の取り組み】JW ANDERSONコラボ/機動戦士ガンダム40周年記念コラボ 【注目アイテム】レディス→①ウルトラストレッチジーンズ(税抜3990円)、レディス→②クルーネック半袖Tワンピ(税抜1990円)/メンズ→③デニムジャケット(税抜5990円)

 3月8日発売のJWアンダーソンとのコラボレーションはレディスを中心に売れた。レーヨンプリントの長袖ギャザーワンピースやアシンメトリーヘムのカットワンピース、パフスリーブ7分袖ブラウスなどサイズ・カラーによっては即日完売した商品も。

 メンズではユニクロU企画のGジャンはリーバイスの1stモデルデザイン風から人気で、ブリーチカラーに関しては全サイズが完売。しかし、JWアンダーソンコラボも含め大型店限定といった要素を差し引いて判断する必要がある。

 その他、気温の低い日にはポケッタブルパーカなど羽織アイテムも売れた。カットソーアイテムやレギンスに売れ筋が集中したことで、客単価は5.1%減となったようだ。

良品計画(既存店)売上高 101.8%*2、客数 109.1%、客単価 92.1%

【主要施策】「無印良品週間」3/15~4/1まで無印良品メンバー10%OFF 【話題の取り組み】新彊綿洗いざらしオックスボタンダウンシャツ 【注目アイテム】レディス→①新彊綿洗いざらしブロードストライプスタンドカラーシャツ(税込2990円)、レディス→②太番手天竺編みドロップショルダー7分袖ワンピース(税込4990円)、レディス→③コットンシルククルーネックセーター(税込3990円)

 「無印良品週間」の販促を実施。衣服・雑貨は春物中心の売上げに変わり、紳士・婦人ウェアともにシャツ、デニムパンツの他、靴下やバッグ・シューズが人気で売上げを下支え。

 生活雑貨では引き続き、化粧水、小物収納や筆記具が月を通して堅調で、月後半にかけては布団、ベッドの売上げが上昇。

 4月4日には銀座に日本初となる「MUJI HOTEL」がオープン。衣食住へのアプローチを一歩進めた旗艦店として、同施設への注目度も高まる。