イラスト/永谷せん

ヒトの心は不思議がいっぱい。それを探るのが心理学。心理学は実践の科学です。実際に使えば理解も早いし応用も利くようになります。ご紹介する心理テクニックは現場で役立つことばかり。ぜひ使って販売力をUPさせましょう。

 磨いた物がキラリ、ピカリと光るほど、ストレス解消につながり、いい気分になれます。

 多くの女性はキラキラしたものが大好きです。先日、仕事でお会いした女性編集者のスマホのカバーもキラキラと目にまぶしいほどでした。ある心理学者によると、女性が宝石やイルミネーションなど、キラキラしたものを好むのは、『多幸感』を覚えて、気持ちが高揚するからだといいます。

『多幸感』とは、気持ちが一時的に高揚し、感謝の念が強くなったり、強い幸福感や健康感を覚えるようになる状態をいいます。

  最近の女性たちがキラキラしたものを身に着けたがるのは、ストレスの多い現代社会を生き抜くのに、それが元気を回復する何よりの特効薬であることを本能的に感じ取っているからなのでしょう。裏を返せば、現代の女性はそれだけストレスを抱えているということでもあります。

  もしかしたら、女性の持ち物のキラキラ度は、その人がどれくらいストレスを抱えているかのバロメーターになるかもしれませんね。

 もちろん、ストレスを抱えているのは女性だけではありません。男性もストレスで心はガチガチ。ですから、男性だってストレスを解消するような多幸感を味わいたいと思っています。ただ、男性の場合はキラキラよりもツルツルピカピカの方がより多幸感を覚えるようですね。

  例えば、ツルツルピカピカの車のボディとかカメラのレンズなど。

  たまの休日に、お父さんが無心で車の洗車に励むのも、実はピカピカになった愛車を見て多幸感に包まれたいからなのです。車がきれいになる上に、いい気分になれるのですから、これくらい安上がりなストレス解消法はないかもしれません。

  このストレス解消法は、女性の皆さんもぜひ取り入れるべきでしょう。

 何だか気分がすっきりしない、心がよどんでいると感じたときは、周りにあるものを磨いてみましょう。

 いつの間にかくすんでしまった宝石類、水あかのついたグラス類、部屋の汚れた窓、洗面台の曇った鏡、埃をかぶったテレビの画面、油でギトギトのヤカン……。汚れが目についたものなら何でもいいのですが、できれば磨けばキラリ、ピカリと光るものがベターです。

 磨くための道具は、タオルでもスポンジでも、使い古しの歯ブラシでも何でもOK。

 最近は、メラニン樹脂製の研磨スポンジなども安く手に入るので、そういうものを用意しておくと、より輝いて完成度もUPします。なにしろ、磨いた物がキラキラピカピカになるほど達成感を覚え、自分のよどんだ心まできれいになった気がして多幸感でいっぱいになるのですから磨きがいがあります。

 個人的にやり始めると夢中になるのが、鍋やヤカン磨きです。磨くとピカピカになるのでやりがいがありますし、磨いているときは無心になれるので悩み事や心配事などもきれいに忘れてしまいます。 磨いた後のピカピカのヤカンで沸かしたお湯でいれるコーヒーのおいしいことといったら。

 論より証拠、ぜひあなたも身回りにある何かを磨いてみてください。気持ちのいい達成感と、心地いい疲労感を覚えるので、夜にやるときっと寝付きもいいはず。

  翌朝、すっきりとした気分で仕事に出かけられますよ。

最新号

商業界

商業界

スマホで簡単「売る動画」「育てる動画」/ 定着率89%」の世界

●巻頭特集 13~59歳の92%以上がインターネットでつながり、20代~40代の85%がスマートフォンを持つ今、中小店が動画広告を有効に発信、大企業と同じ土俵でお客の心を動かし 集客・販売できる時代が到来しました。また、動画を気軽にみられる環境は効率的なスタッフ教育にも応用され始めています。 本特集では、販促・教育の2つの用途で、読者が動画を活用するメリットと実践の手引きを解説します。 ●特別企画 2019年6月20日に東京・目黒区のアマゾンジャパン本社で行われた『第2回Amazon Academy「Amazonビジネス、マーケットプレス、ウェブサービスによる中小企業支援の 取り組みと事例」』は、一般マスコミにも公開され「中小企業のためのビジネスソリューション」とのタイトルどおり、アマゾンが本業のネット販売以外で、いかに日本の中小企業ならびに 中小店支援を重視しているかを強調した内容であった。ただ商品を売るだけでなく、中小店のコスト削減とビジネスチャンス創出を後押しする姿と、「AIテクノロジー研究開発企業」 としての素顔。現在の日本の商業におけるアマゾンの役割はかつての総合スーパーに近いが、この企業は、それらをはるかに超えた存在たらんとしている。ただし、創業から今も流れる企業理念は 「店は客のためにある」そのもの。要するに、グローバル版「商業界精神」の体現者である。
●特集 店主が講師となり、店内で少人数の受講者を相手に行う講座、「まちゼミ」の開催地域が急速に増えています。年内に日本全国400地域を越える見込みです。各地域での参加実績店は平均50~60店 に上り、全国でざっと2万~2万4000店がまちゼミに参加している計算となります。全国に広がり続けるまちゼミから、今の時代に中小店が繁盛する方法を学んでいきましょう。 ●人材特集 新卒の離職率は「3年3割」と云われてますが、それは大学卒のことで、短大卒は41,5%、高校卒は39,3%となり、およそ4割が離職しています。なた、新卒採用で3年以内の業種別離職率のワースト1が大卒も 高卒も宿泊業・飲食サービス業で大卒が約5割、高卒に至っては6割以上です。小売業は大卒がワースト5で4割弱、高卒はワースト4で5割弱が離職しています。 しかし、採用時や研修、働く環境整備などと企業体質によって、定着率がパート・アルバイトを含めてもアップした事例を紹介します。 仕事にやりがいが持て、仕事を続けたいと思われる職場の仕組みづくりをして、スタッフの定着率アップを目指しましょう。
●特別企画 「店舗のためのIT投資が結果につながっていますか?」と聞かれ、YESと言い切れる企業は多くない。人材不足やデジタル化対応で矢継ぎ早にセルフレジやAIカメラ等の導入が進んでいるが、 本稿では、現場の売上アップやコスト削減に直結するIT投資や現場での取り組み施策を厳選し、導入から運用までの流れや結果創出のポイントを紹介したい。