今、流行の『ロジカルシンキング』の要素に『ボトムアップアプローチ』と『トップダウンアプローチ』がありますね。この言葉から、大昔勉強した『積み上げアプローチ』と『デザインアプローチ』を思い出しました。

在りし日の2つのアプローチで行っていたこと

 積み上げアプローチはFACT FINDINGがキモ。現場で事実情報をもれなく収集し、改善の取り組み策を積み上げていきます。「現場百回」という言葉があり、「分からなくなったら現場に行け」と先輩からよく言われたものです。

 積み上げアプローチは新人コンサルタントが一人前になるための入り口で、経営診断、事業診断、本社診断、店舗診断等テーマごとに調査手法、診断視点、まとめ方を学びました。

 積み上げアプローチの良いところは調査手法が確立されているため、漏れなく取り組み策をリストアップできることでした。しかし、時間を大変要するという欠点もありました。

 一方、デザインアプローチはまず、あるべき姿を描き、それに必要な要素をリストアップする手法です。しかし、あるべき姿を精緻に描くことは難易度が高く、経験を積んだベテランコンサルタントしかできないアプローチでした。

 そこで、目標とする企業をあるべき姿の代替とし、その企業の売場、仕組みを研究するベンチマーキング手法が使われるようになりました。

 流通業界では、サミットのバックヤードを研究する、イトーヨーカ堂の業革を研究する等が一世を風靡しました。これらは皆、デザインアプローチの流れからきています。

ロジカルシンキングの2つのアプローチとの違いは?

 ロジカルシンキングの要素の中にMECE(ミーシー)があります。 Mutually(お互いに) Exclusive(重複せず)Collecticely(全体に) Exhaustive(漏れがない)の頭文字からきています。簡単にいえば、漏れなく重複なく取り組み策を立案することとなります。

 MECE(ミーシー)のアプローチにはボトムアップアプローチとトップダウンアプローチの2つがあるわけです。

 ボトムアップアプローチは「詳細を集めてから全体を描く」アプローチで、トップダウンアプローチは「全体から詳細を描く」アプローチです。

 ボトムアップアプローチ、トップダウンアプローチとも、全体に漏れなく分析するために、普遍的な視点や物事の要素で分解したり、集合させることを求めています。これを『ロジックツリー』といいますね。

 例えば、売上げ課題をボトムアップアプローチで詳細を集めようとするとき、「売上高=単価×客数」の単価と客数を詳細に要素分解して事実情報を集めます。

 マーケティング課題であれば、マッカーシーの4P(プロダクト=製品価値の方向、プライス=価格戦略、プロモーション=販促戦略、プレイス=チャネル戦略)を利用してトップダウンアプローチします。マーチャンダイジング課題であれば、マーチャンダイジングの要素である品揃え、展開時期、展開場所、提供価格、提供数量、売場づくりツールの6つの要素別に課題を集合させます。

 積み上げアプローチとデザインアプローチ、ボトムアップアプローチとトップダウンアプローチ、時代は繰り返すのだとつくづく思いました。

最新号

商業界

商業界

アマゾン時代のチェーンストア理論/「欲しいものはない」時代の突破口  「おひとりさま」消費で繁盛する

●巻頭特集 <アマゾン時代のチェーンストア理論>  今、ゼロからのスタートを志す者のための、中小店の店の出し方、増やし方 これからの新しいチェーンストア創造には、まず既存のチェーンストア理論の本質を精密に分析、判断する必要がある。 ●特別企画 <中小店店主の人を動かす4つの術> 人を使えず伸び悩む経営者の処方箋 人は「使う」のではなく「動かせば」うまくいく ●特集 <「欲しいものはない」時代からの突破口> 完全な自給自足でもなければ、何も買わずに生活できない。積極的に「欲しい」と思わなくても、買わざる得ないものもある。 「欲しいものがない」は「買い物が楽しくない」の裏返しではないのか。 ●研究<業態としての「IRカジノ」> 世論調査だは「設置反対」が大多数を占める統合型リゾート。2020年代半ばの開業を見据えて、誘致に乗り出した自治体も少なくないのも事実だ。 欧米、アジア各地での取材を踏まえると、誤解や偏見があふれている。設置に反対する側、経済波及効果を期待する側、双方に、「初上陸する業態」としてIRカジノを考察する。 ●販促特集 <「おひとりさま」消費で繁盛する>  「おひとりさま」に代表される日本の世帯構造の変化・個人の生活様式の急激な変化は、どのようなニーズの変化を導き、どのような小売店や商店街が必要とされるかのか