女子大生が考えた「トマトみそ」

 

 現役の女子大生が既成概念にとらわれず、自分たちが食べたいみそを自由な発想でカタチにした六甲味噌製造所のトマト風味のみそ。パスタやピザをはじめ、肉や野菜料理のソースに使える万能調味料。トマト、玉ネギ、大豆、塩などみその原料も全て兵庫県産。160グラム入り650円。

 

 焼津冷蔵の「静岡茶しめさば」は、勝間田開拓茶農業協同組合と連携して、新品種のサンリュージュ茶葉を下処理で使い、殺菌・脱臭効果を狙った商品で魚の素材が持つうまさを残しつつ、消臭効果や綺麗な発色が得られた。添加物を使用せず、食感を考慮して薄くスライスしている。昨年「農林水産祭」の内閣総理大臣賞など数々の賞を受賞している。

 

「わさびペッパー」は、大分県日田市の津江地区津江の葉ワサビと九州産の青唐辛子を使ったタバスコタイプの調味料。550円。川津食品と日田地区商工会青年部との協同開発商品。佐賀県武雄市の江口農園の手摘みによる新鮮な葉を使った濃厚なパクチーペーストに九州産の唐辛子の「パクチーペッパー」も。

 

 ご飯にかけたり、和え物に使える横山食品の「大豆だけでつくった かけて食べる濃い豆腐」。豆腐の新しい食べ方を提案している。常温保存で携帯もでき、弁当などにも使える。大豆固形分が14%以上で、独自製法による濃厚なうまみと、とろとろな新食感も売り物。

 

 ヘルシーな食べ物として注目されているドライフルーツ。JA紀南は、乾燥梅干しではなく紀州南高梅をドライフルーツにした。一口サイズのやわらか食感、パッケージも現代的にして若い世代に売り込みを図る。20グラム198円。