イラスト/永谷せん

ヒトの心は不思議がいっぱい。それを探るのが心理学。心理学は実践の科学です。実際に使えば理解も早いし応用も利くようになります。ご紹介する心理テクニックは現場で役立つことばかり。ぜひ使って販売力をUPさせましょう。

 ネオフィリア(neofhilia)とは、ギリシャ語で「新しいもの好き」という意味。

 春は始まりの季節、また再スタートの季節でもあります。

 この時期は新しいことにチャレンジしたり、気持ちを切り替えリセットするにはまたとない機会ともいえます。

これがあったから、人間は進化できた!

『ネオフィリア』という言葉、ご存じだったでしょうか。「新奇なものを好む」という意味の言葉です。

 人は常に新しいもの、珍しいものに出合い、自分の中に取り込むことに無上の喜びを感じる生き物です。

  私事で恐縮ですが、私の故郷・熊本にも「わさもん」という言葉があります。

「新しいもの、珍しいものが好き」という意味で、県人気質を表す言葉として地元の人は半ば自嘲気味に、そして半ば自慢げに県外の人に語って聞かせるのが常です。

 でも、新しいものが好きなのは熊本県人だけとは限りません。第一、それは人間の本質的な特性ですからね。きっと「わさもん」に相当する言葉がどの都道府県にもあるのではないでしょうか。

  そもそも人間はネオフィリアであるからこそ、これほどまでに進化し、これほどまでの文明を築き上げてきたともいえるのですから。

成長を止めないためにいつも刺激を

  ただ一方で、私たちは安定を求める生き物でもあります。いつも同じであることに満足し、いつもと変わらない日であることに喜びを覚え、感謝すらします。

  安定すること、それ自体はとても大切なことです。

 でも、その短所は「惰性に流されやすい」という点。ネオフィリアが眠ってしまい、成長が止まってしまうという点にあります。

 成長を止めないためにも、私たちは自分の中にあるネオフィリアをいつも刺激し起こしてやる必要があるのです。

  そのために必要なことは何か。それはネオフィリアの先達から学ぶのが一番かもしれません。