2019年3月5日~8日まで、幕張メッセ(千葉県)でアジア最大級の食品・飲料専門展示会の「FOODEX JAPAN 2019」が開催されている。世界各国の商品が展示されており、国際色豊かな展示会となっている。会場が広過ぎて1日では周り切れないほどのブースがあり、全てを書き切れないので、特に気になった商品を紹介する。

初めて食べたエゾ鹿の肉まんの味は?

 日中物産白糠工場のブースで、エゾ鹿を使った肉まんを展示していた。エゾ鹿は高タンパク・低脂肪で栄養学的に優れており、特に北海道産のものは中国で薬鹿として取り扱われていた梅花鹿と同種だと判定されている。

 古くからの東洋医学では、鹿肉を食すことは体内の気を整える他、五臓六腑を強め、血行の促進、美容にも良いとされている。

 同社は、鹿肉を使用したさまざまな商品を展開しているが、おいしさの割にあまり食べられていないのが現状だ。私自身も今回初めて食べたくらいなので、日常的に食べている方は多くはないだろう。そんな鹿肉をもっと身近に感じてほしいという願いから、家庭でも手軽に食べられる肉まんの開発を行った。

 全4種類あり、シンプルな塩味に仕上げた「プレーン味」、生地にニンジン粉末を練り込んだ「にんじんカレー味」、生地にホウレン草粉末を練り込んだ「ほうれんそう醤油南蛮味」、生地にカボチャ粉末を練り込んだ「かぼちゃ味噌味」となっている。品質にこだわった結果、オール北海道産の原材料で完成した。

 一番人気を聞くと、「ほうれんそう醤油南蛮味」だったので、実際に食べてみた。

 

 味がしっかりしており、鹿肉と醤油南蛮がマッチしてとてもおいしい。食べれば食べるほど止まらなくなるような感じで、写真の量(一口サイズ)では少なく、3個くらい食べたいと思ってしまった。

 しかし、お代わりを頂き、「あの人食べ過ぎだろ」と思われるのも恥ずかしかったのでやめた。店頭で買って自宅で食べようと、どこで販売しているのか聞いてみた。

 同社工場長の呉 奇氏は「ホテル等の業務用食品として展開はしているが、小売り向けの展開はこれからを予定しています」と説明。早く食べたかった私は愕然としてしまったが、これからの小売り展開を期待している。