3月5日開業 マルコメの100%子会社「魚沼醸造」

 ここ数年、スーパーマーケットで「甘酒」の売場が一気に拡大しています。その市場規模は過去15年で約9倍に成長(インテージSRI 全国:2002年4月〜2018年3月 マルコメ提供資料より)。中でも、米糀が主原料でアルコール0%の「糀甘酒」は、直近3年で約3倍と急激に売上げを伸ばしています。

 私も、昨年「糀甘酒デビュー」を果たした1人です。出会いは、8月の気温35℃の中でのマラソンイベントのサンプリングで飲んだ糀甘酒。疲れたカラダに染み渡っていく感覚があり、それ以来、ランやヨガの前後や仕事でクタクタで元気がないときに飲んでいます。

 実は糀甘酒は、食品でありながら、病院で使用される「栄養点滴」との成分構成がほぼ同じ。まさに「飲む点滴」です。近年の猛暑続きで注目が高まった「熱中症対策」としても幅広い層に支持され、酷暑を記録した2017年には、市場規模で酒粕甘酒を逆転しました。度々、テレビの情報番組にも取り上げられ、そのたびにスーパーマーケットから糀甘酒が消える!という事態が起きたほどです。

 そんな折、糀甘酒の主要メーカー、マルコメが、製品の安定供給のために100%子会社「魚沼醸造」を設立、世界最大級の新工場を開業したとのニュースが飛び込んで来ました。愛飲ユーザーとしても、自分の目で確かめねば!というわけで、3月5日の開業を前に、まだ雪降る魚沼の工場にお邪魔しました。

おいしさの決め手は「魚沼の水」!

 魚沼醸造は、上野から上越新幹線で86分、日本屈指の豪雪地帯、新潟県魚沼市に位置します。最寄りのJR浦佐駅を降りた瞬間、思わず深呼吸。「空気がおいしい!」。この澄んだ空気がコシヒカリなど農産物をおいしくするんだと肌で感じました。

 迎えてくれたのは、伊藤竜也工場長。長年、マルコメで糀甘酒や、塩糀商品の製造に携わってきた「発酵食品の匠」です。それにしても、なぜここに新工場を? 伊藤工場長はその理由は「水」にあり、と教えてくれました。

「魚沼醸造で使う水は、水源である越後三山から高低差1900ⅿを流れ、伏流水となって湧き出たものなんです。全国42ヵ所の候補の中から、一番米に合う水が湧く場所、ということで決めました」(伊藤工場長)。

 米の発酵でうまみを引き出すのは軟水ですが、魚沼の水は硬度14の「超軟水」。とても水がおいしいのです。人体の7割は水分でできているくらいです。成人であれば毎日約3リットル摂取される水分の質は、健康を維持する上で非常に重要なことは言うまでもありません。新潟県が発表したデータでは、魚沼地方は、新潟県の中でも比較的疾患率が低いという結果もあるくらいです。この水質の良さが、立地選定の決め手となったわけですね。

米糀愛いっぱいの伊藤工場長です!