楽天の安藤公二常務執行役員(中央左)と京東の肖軍副総裁(同右)。

 楽天は中国ネット通販第2位の京東集団が開発したドローンと無人の地上配送車(UGV)を楽天の物流に導入し、楽天市場などで購入した商品を離島や山間部に届ける無人配送に活用すると21日発表した。今年中に定期運行を始める。

 中国国内で無人配送の配送実績やノウハウのある京東の機材を採用することで、「無人配送ソリューション(問題解決)の産業革命を起こしていきたい」と楽天の安藤公二常務執行役員は話す。楽天市場の商品配達に活用する他、将来は企業向けのビジネスへの活用も考えている。

 ドローンは都市部や人の真上、目視外では飛行できず、UGVはまだ公道を走れないといった規制があるが、例えばUGVは私道での実験を重ね、将来はお客の家まで配送することを目指す。

楽天が導入するドローン。
地上を無人で走るUGV。

 導入するドローンのサイズは幅160㎝×高さ60cm、最大積載量は5kg、最長飛行距離は16km、同飛行時間は40分と、積載量も多く、距離も長い。UGVは縦171.5㎝×横75㎝×高さ160cm、最大積載量は50kg、同走行速度は時速15km。

 楽天は2016年から千葉県内のゴルフ場でドローン配送をするサービスを開始し17年には福島県相馬市でローソンと期間限定の配送サービスを共同実施するなど、企業や自治体と連携し実証実験や試験的なサービス提供を重ねている。18 年にはドローンとUGV を組み合わせた配送実験を初めて実施した。

 一方、京東は15年からドローンの開発に着手、16年に江蘇省や陝西省などの中国農村部で世界初の商用ドローン配送を開始し、これまで43 万分以上の配達飛行をしている。17年に発表した宅配用のUGVは複数の大学構内に導入され、現在、一部の都市でも運行している。

 京東の技術開発を担当するX事業部が日本の企業と提携するのは初めて。京東の肖軍副総裁は「近いうちに日本の他の企業とも提携する。今後、海外で最も良いパートナーと組んで共に市場を開拓していきたい」と語った。