昭和6年創業の地方スーパーが挑んだデジタル変革

 協賛社講演の3つめは、ビジネス判断に必要なあらゆるデータを集約し、それを活用するためのサービス「Domo」を提供するドーモによる講演。

ドーモ株式会社 シニアソリューションコンサルタント 後藤祥子 氏
左:株式会社丸井 経営推進室 顧客管理担当 マネージャー 辻路也氏 右:同社 常務取締役 営業本部長 兼 経営推進室室長 中山益文 氏

 本講演では、同社シニアソリューションコンサルタントの後藤祥子氏によるDomoの基本コンセプトの紹介に続き、創業昭和6年創業、岡山・鳥取にスーパーマーケットを展開する株式会社マルイへの導入事例が、同社常務取締役 営業本部長 兼 経営推進室長 中山益文氏と経営推進室 顧客管理担当 マネージャー 辻路也氏から紹介された。

 SNSはもちろんメールもあまり使われていない、という社内状況だったマルイが「Domo」を導入したのは約2年前のこと。それ以来、日々の売上関連の数字はもちろん、顧客動向などのデータがリアルタイムでかつ、グラフとして共有が可能になり、迅速で的確な判断ができるようになったという。講演では、「Domo」の使用イメージも交えながら、実際の活用方法が具体的に紹介された。

小売業のデジタルトランスフォーメーションの進め方

 本フォーラムを締めくくったのは、Walmart Japan/西友 Vice President CIOを務める白石卓也氏による「経営幹部が知っておくべき小売業のデジタルトランスフォーメーション」をテーマとした講演である。

「デジタルトランスフォーメーション」は、ITなどのテクノロジーを利用したビジネスの大変革を指して用いられることが多い言葉だ。白石氏は、デジタルトランスフォーメーションを、ITという枠組みの中で捉えるのではなく、経営問題として取り組むべきだと提言。

「人や組織の強化」「データ活用」「ビジネスモデルを長期的に捉える」「ビジネスプロセスの見直し」「オープンイノベーション」「全体のプロジェクトマネジメント」といった、デジタルトランスフォーメーションの具体的な進め方やそのための必要要件について言及した。

Walmart Japan/西友 Vice President CIO 白石卓也 氏

 そして「デジタルトランスフォーメーションをやれるかどうかで、今後10年間の勝ち組が決まってくると思う。ぜひ、全社的なプロジェクトとして取り組んでほしい」と来場者へ呼び掛けた。

 以上、盛況のうちに幕を閉じた本フォーラム。来場者のアンケートでは「現場の声や先端事例でのデジタル化の取り組みを知ることができた」という声も多く、今後、小売業の現場で実際に生かされることが期待される。