湘南の漁港で「ワカメ、始めました。」の張り紙を見つけました。

 春の訪れを海から告げるのが「生ワカメ」。多くは乾燥させて保存しますが、「生」で味わえるのは、春ならではのごちそうです。栄養素をたっぷり含んだ旬のワカメは、余分な塩分や脂肪を体の外へ追い出し、軽やかで若々しい体をつくってくれます。

 そろそろ冬物のコートやダウンも飽きてきましたね。春に向けて体も軽やかに準備といきましょう。

海外では海の野菜と呼ばれている!

 和食には欠かせない海藻類。最近では海外でも、ローカロリーでがんや生活習慣病の予防など「健康長寿」への効果が評価されています。アメリカでは以前、海藻類を「シーウィード(海の雑草)」と呼んでいましたが、最近では「シーベジタブル(海の野菜)」として積極的に摂取しているほど。

血圧、血糖値、コレステロールのコントロールに。便秘解消も。

 ワカメなど海藻類の「ぬるぬる・ネバネバ」のぬめりの部分に「フコイダン」という水溶性の食物繊維を含みます。これは、がん予防にも効果を発揮する強力な免疫賦活(めんえきふかつ)成分。弱った免疫力を回復してくれます。この水溶性食物繊維は体内で余計な脂肪やナトリウムを吸着し体外へ排出します。高血圧やむくみが気になる方、また、コレステロール値が気になる方には最適です。

 食物繊維でも、ひどい便秘のときには野菜や豆類に含まれる「不溶性食物繊維」よりも、「水溶性食物繊維」の摂取が便通を改善してくれるとも言われており、ワカメの便通効果は実験データも公開されています。

 食物繊維は、乱れやすい腸内環境を整え、便通を改善してくれると共に、高血圧や糖尿病リスクを減らすことが分かっています。

 豊富な「カリウム」は体内で余計なナトリウムを吸着し体外へ排出します。お酒を飲んだ翌日の、むくみ予防にもうれしいですね。カリウムは副交感神経を優位にし、リラックス効果もあります。季節の変わり目で、体がストレスを感じやすい春のダイエットにはピッタリかもしれません!

春が旬のワカメ、栄養価も期間限定の優秀さ。

 若芽(ワカメ)という名前の通り、秋に芽吹いたワカメは冬の寒さの中で大きく成長し、収穫される春には2~3mになります。鳴門、三陸など、産地によって時期は多少異なりますが、2〜4月を中心に磯の香りと旨みが広がる柔らかな“新ワカメ”や、茎部分の“メカブ”などが出回ります。

 春告ワカメの特徴は、肉厚」で「柔らかさ」。その厚みの中に、栄養素を豊富に含みます。「カリウム」など水に溶けやすい栄養素は、生ワカメでは(水で戻さずにそのまま頂けるので)逃さず効率的に食べることができます。

 茎ワカメやメカブは、コリコリとした食感がおいしいですね。咀嚼することで代謝を促進させます。

生のまま、または、さっと湯通しした「しゃぶしゃぶ」がお勧め

「しゃぶしゃぶワカメ」

 そのまま頂ける「お刺身ワカメ」もおいしいですが、さっと湯通しした「しゃぶしゃぶワカメ」も、ワカメの「旨味」を感じられてオススメ。加熱が短時間なので栄養価の損失も少なく、臭みが消えて食べやすくなります。

 生ワカメを湯通しすると、「フコキサンチン」が変性して色が消え、「クロロフィル」のきれいな緑色になります。この「クロロフィル」は抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれるうれしい栄養素です。

「炭水化物好き」「日本酒・ビール好き」にこそ、ワカメ!

 理研ビタミン(株)と、藤女子大学の共同研究で、わかめを一緒に摂取することにより、ご飯の食後の血糖値の上昇 が抑えられることをヒト試験で確認しました (出典:『「わかめの食後血糖値上昇抑制効果」を発表』)。

 ご飯だけでなく、ラーメン、うどんのような「炭水化物」や、日本酒、ビールといった醸造酒が好きな方にこそ、ワカメはピッタリです。 刺身やしゃぶしゃぶ以外でも、ワカメラーメン、ワカメうどんにしてトッピングしてもいいですね。定番の「酢の物」もダイエット効果アップでおオススメ。

 すりおろしたショウガをたっぷり加えれば、ショウガに含まれるショウガオールの働きで脂肪燃焼効果もさらにアップ。

ワカメの他にも取り入れたい! お手軽「海藻」アイテム!

①「のり」― ご飯、麺類や粉モノに簡単ちょい足し!手軽な海藻といえば「のり」

焼き海苔

 焼きのりは3枚で1日の食物繊維が取れます。タンパク質。カリウムや鉄分の豊富でダイエット向き。スーパーマーケットやコンビニ、どこにでも売っていて、いろいろな料理にちょい足しできますね。ご飯はもちろん、意外とパンにも合います。そして、ラーメン、うどんなどにトッピングしたりできますね。

 また、お好み焼き、たこ焼き、焼きそばなど、「粉物」には「青のり」をたっぷりかけましょう!

 風味が良く、おいしくなるだけでなく、「糖質」の血糖値の急上昇を抑えてくれるなんて一石二鳥!!

②「ところてん」―常備して、おつまみや小腹スイーツに。

「ところてん」

 ところてんも海藻食品です。豊富な食物繊維が腸を綺麗に整えてくれます。コンビニにもパックで売っていて、すぐに食べられるので、冷蔵庫に常備しておつまみにも便利ですね。

 三杯酢で疲労回復します。ショウガをたっぷり足すと、ショウガオールで血流改善と脂肪燃焼効果アップ! 梅干しもスッキリおいしいですよ。関西では黒蜜で食べる習慣がありますね。便秘解消、免疫アップと、春のダイエットスーツに最適ではないでしょうか。

 いかがでしたか?

 季節の変わり目、気温差と生活の変化で、心や体が移ろいやすいのも春ですね。「春告げワカメ」で体調を整えながら、ゆるやかに春の準備を進めてはいかがでしょうか。