③フォロー動作(インパクト後の左側平行まで)

 出来上がっている三角形は維持。左肩の縦回転につられて、左腕が動いていくので、結果としてインパクトがつくられるのです(つまり、インパクトは管理不能領域)。  

 足は、インパクトまではベタ足。その後、右膝の送りが始まり、シャフトが地面と平行になり、左サイドで「1、2、3」と数えても、決してふらつかない安定感を保つようにします。

 この①~③の間は、最初に作った手首の角度を維持したまま。この延長線で、スリークオーター、フルスイングまで振り幅を広げていくのです。

3つあるイメージトレーニングの方法

『ビジネスゾーン』の動作としては、ここで記したことを理解する必要がありますが、実際にスイング練習となると、全てを頭に入れて行うのは不可能です。

 そこで、3つのイメージトレーニング法を紹介するので、自分に合うものを見つけてください。

<方法1>バックスイングは左肩、切り返しは右腰、フォローは右肩のイメージ

 徹底して腕を使わないことで、ビジネスゾーンを確立します。始動は左肩の縦回転で、右肩で終了させます。この動きができると腹筋を使っていると認識できるはず。一番簡単な方法です。

<方法2>バックスイング中に切り返しがスタートするイメージ

 バックスイング中に右腰を少しスライドさせると、「腕は落ちようと、手とクラブは残ろうと」し、コックが発生してしまう感覚です。自分の意思で動くのは右腰のみで、腕、クラブは受動的に動くイメージで、結構難しいです。

 これが出来るようになると、クラブは左右とも平行より、20〜30センチ上にいくようになります。

<方法3>三角形と胸の位置を維持するイメージ

「バックスイングからフォローまで、腕の三角形とボールと胸の距離を維持する」イメージを持ちます。これは(三角形維持のために)肘を曲げないでいるとヘッドが走ることを自覚するのが目的で、大変難しいです。

 このイメージで『パンチショット』、タイガー・ウッズが言う『スティンガーショット』ができるようになったら、もうシングルさんです。