ナショナルブランドは一切扱わず、おいしくて体に良い商品だけを置く、群馬・高崎の小さなスーパーマーケット「まるおか」。そこを訪れる者は時間を忘れ、食の奥深さと楽しさを堪能できる、まさに“食のテーマパーク”のような店だ。しかし、そうした選び抜かれた品揃えは、一日にしてできあがったのではない。そこには、店主の丸岡守さんの半生を掛けた挑戦のドラマがあった。

「良いものは仕入れるな」

 

 大学卒業後、父母が始めた食料品店を受け継ぎ、丸岡青年はスーパーマーケットへの業態変更に取り組んだ。

 そんなある日、父に伴われ青果の仕入れに市場へ行くと、父はこう言った。

「いいか、高い等級の品は仕入れるな。仕入れ値が高くなって、それが価格に反映される。そうしたら、そんな高いものはお客さんは買ってくれるはずもない。おいしさなんかよりも売れやすい価格帯のものを仕入れろ」

 自分が食べておいしいと思えるものをお客に届けたいという理想を持っていた丸岡さんにとって、父の指示は納得できないものだった。しかし、駆け出しの彼は従わざるを得なかった。

 渋々とそうした品を売場に並べていたが、周囲に競合店が出現すると、いつしか丸岡さんは他店との安売り競争に巻き込まれていた。他店の売価を気にして、1円、2円を争い、丸岡さんはいつしか己の商いを嫌いになっていった。

 そんな不完全燃焼の日々を過ごしていたあるとき、大きな転機が彼に訪れる。指導を仰いでいたスーパーマーケットの先輩経営者から、ある学びの場に誘われたのだ。当時、箱根で行われていた商業界ゼミナールだった。

店は客のためにある

 半信半疑なものの、温泉で骨休めをするつもりで、丸岡さんは箱根へと向かった。するとそこには全国から数千人の商人が集い、広い会場を埋め尽くしている。

 皆、壇上の男の言葉に固唾を飲んで耳を傾けていた。男は友に語るように穏やかに、時に愛する子を叱るように激しく、こう言った。

「店は客のためにある」

 男とは商業界ゼミナール創始者、倉本長治。昭和の石田梅岩、日本商業の父と言われた男だった。

 丸岡青年が自らの商いに希望と確信を抱いたのはこのときだった。その後、理想の店づくりにまい進する中で、いくつもの試練に向き合うこととなるが、そのとき彼を支えたのが「店は客のためにある」という言葉だった。

 それからおよそ半世紀が過ぎ、まるおかには丸岡さんの品選びに厚い信頼を寄せるお客があふれる。隣には巨大なショッピングモールが威容を誇るが、そこで働く従業員がわざわざ小さな丸岡さんの店へ買物に訪れるという。

 

 なぜ、この店にはテレビCMで誰もが知っているナショナルブランドがないのか?

 なぜ、この店の牛乳は720mlで1778円、バターは2580円もするのか?

 なぜ、この店の1人当たりの平均購入金額は業界平均の2倍近くもあるのか?

 こうした「なぜ?」にあふれ、「奇跡のスーパー」と呼ばれるまるおかの店主、丸岡守さんが講師として、2月19日から始まる第87回商業界ゼミナールに登壇するという。

 そこで何が語られ、その想いを誰が継いでいくのか、いまから楽しみでなりません。

 

【開催日】2019年2月19日(火)~21日(木)/【会場】東京ベイ幕張(千葉県千葉市)/【会費】78,000円(2泊3日・宿泊代・食事代込み)、1名部屋ご希望の場合80,000円/【定員】800人

<お申し込みはこちら> https://www.shogyokai.co.jp/sseminar_2019/