スーパーマーケットでも人気の「宮のたれ」でおなじみ、ステーキ専門レストラン「ステーキ宮」が1月28日(月)、「カフェ&ビヤレストラン宮」羽田空港店をオープン(運営は株式会社コロワドMD、 代表取締役社長:髙橋尚也)。その試食会に行ってきました。

 

 試食会は現地で行われたのですが、お店があるのは国内線第一ターミナル2階、出発ロビーチェックインカウンター真後ろで、待ち合わせの時計台1のすぐ後ろ! 何といっても、チェックインカウンターが見える好立地です。

 

 空港の上のレストラン街まで上がるには時間と心のゆとりがない!という方(私もそうです)も使いやすいですね。

「旅の始まりの楽しいひと時を提案。」がコンセプト。

 グループチェーンの「フレッシュネスバーガー」をほうふつとさせるグリーンと木目で統一されたナチュラル&カジュアル調の明るい店内。

 フロアスタッフは、ダンガリーシャツにギャルソンエプロン。ステーキ専門店というより、ナチュラルなカフェのイメージ。

 

 人が集まり、雑然とするチェックインカウンターの前にありながら、グリーンで適度に仕切られているので、ほっと落ち着きがあります。テーブルにゆとりがあるので、荷物を持っていても落ち着いて食事ができます。シニアや子供連れのファミリーにもうれしいですね。

 電源が完備されているので、出発前にお気に入りの動画を見てくつろぐも良し、集中してPCで仕事もできるでしょう。お1人様用にうれしいカウンター席もあります。

 

  さまざまな人が利用する空港。その中で限られた時間でもリラックスして食事を取れる配慮が随所に見られました。

リラックスできる食環境は、それだけで「免疫力」を守ります。

 副交感神経を優位にし、消化活動を活発にするので、エネルギー代謝を助け、免疫力を高めてくれるのです。また、ストレスによる食べ過ぎも防いでくれます。同じ「ステーキ」を食べても差が出ます。大事ですね!

 では、肝心の料理はどうでしょうか。やはり、食べてみないと始まりません。早速、勝手に試食レポートに参りましょう!(あくまで、個人的な味の趣味嗜好が入っています。ご了承ください!)

免疫力に亜鉛。赤身肉「リブロースステーキ」でチャージ!

羽田空港店限定「リブロースステーキ」(200g3200円)

 

 焼き目を見て分かるように、非常に香ばしく、余計な脂が落ちて、赤身の甘みを堪能できます。見た目は迫力がありますが、脂が軽いのでパクパクといけます。肉の厚さが程よく、歯の悪いシニアや子供でも噛み切りやすい、食べやすい柔らかさ。

 牛肉は豚肉や鶏肉と比べても免疫力を高める亜鉛と鉄を豊富に含みます。特にリブロースのような赤身には亜鉛が豊富。亜鉛は免疫に欠かせない栄養素ですが、日本人が慢性的に不足しています。

 冬はインフルエンザや風邪などの予防に免疫力を上げておきたい時期です。楽しい旅の前後は疲れから免疫が落ちやすいですから、ぜひ摂取してもらいたいもの。亜鉛は動物性タンパク質とセットで食べることで吸収効率がアップするので、牛肉は効率的な食材だといえますね!

 特に、シニア世代にはリブロースステーキはお薦め! 年齢を重ねても元気な人に「ステーキ好き」が多いような気がしませんか? 亜鉛は肌や髪のつやなど見た目の若々しさにも影響します。そしゃくすることで、顎の筋力向上にも重要な役割を果たします。

 赤身に含まれるL-カルニチンの脂肪燃焼効果も期待できるので、体重が気になる方は、サーロインよりも、リブロースがお薦めです。

肉のハッピーホルモンで、旅を楽しく!仕事もうまくいく!

 さらに、牛肉はメンタルにもうれしい効果が。牛肉の脂にはアナンドマイドという「至福ホルモン」を生成するアラキドン酸が含まれます。これは動物性脂肪にのみ含まれる成分。加えて「ハッピーホルモン」として有名なセロトニンの元となるトリプトファンも豊富。

 ステーキを食べると気分がアガる!ここぞのときはやっぱり牛肉を食べると、幸せな気持ちになる、というのは、単に「ごちそう」を食べる満足感だけでなかったんですね。

 これから旅に向けて、ステーキを食べて気分を盛り上げるのも良いですね! ビジネスマンはストレスを抑えて、ポジティブシンキング。仕事がうまくいくかもしれません!

「非加熱・熟成の玉ネギとニンニク」が免疫力を効率的に上げる!

 そしてやはり、名物「宮のたれ」! 私もよくスーパーマーケットで購入します。

 玉ネギの優しい甘みとニンニクの香りが広がります。この甘さがお肉の脂を引き立てるとともに、さっぱりと頂けます。しょうゆとみりんの和風の味付けは、どこか落ち着きますね。

 

 このたれの7割は玉ネギとニンニク! たれというよりも「おろし玉ネギ」を食べている感覚はこの量。そして「玉ネギ、ニンニク、しょうゆ、みりん」のみで甘味料は不使用。玉ネギとニンニクを酢としょうゆに漬けて3週間熟成されて生まれた自然の甘みなんです。体に優しくておいしいたれなら大歓迎。大切な家族と一緒に食べたくなりますね。

 玉ネギに含まれるフィトケミカルは非常に抗酸化力が強く、ストレスによるダメージから守り、亜鉛の免疫力アップをサポートします。また、ケルセチンは脂肪の吸着を抑制する効果が高いので肉類とセットで食べることは理にかなっています。

 また、たっぷり入った生ニンニクも免疫力アップのトップに君臨する野菜です。玉ネギやニンニクに含まれる独特の苦味は酸化アリルといい、エネルギー代謝を高めてバテない体に。また、血液をサラサラにして血糖値や血圧の上昇を抑える効果もあります。

 酢のクエン酸はこの時期にうれしい抗菌・殺菌効果がありますし、免疫力を高め、細胞の若返りを早めます。内臓脂肪を落とす働きがあるので、動物性脂肪と一緒に摂取することはお薦めです。

私のお気に入りは「たれをゆでたブロッコリーにかけて」

 すりおろした玉ネギを食べているような、このたれは野菜嫌いの子供にもぜひ食べてもらいたい、野菜の持つおいしさ。自然の甘さですね。ちなみに、私はこのたれ、スーパーマーケットで購入して、ゆでたブロッコリーにかけて食べるのがお気に入りです。これがいくらでもいけるおいしさ!

 牛赤身ステーキは動物性脂肪の取り過ぎで腸内環境を乱さないように、食物繊維が豊富な「野菜をセット」で食べる習慣さえつけておけば、ここぞの免疫力アップには頼りになりますもちろんインフルや風邪予防にも上手に使いたいですね。