ESLは「棚札」であるとともに情報端末になる

赤、白、黒の3色でPOPのような画面
従業員管理画面も作れる

 

 写真が、電子棚札KAKUMEIの画面だ。白く明るい画面は、電子書籍にも使われているePaper (電子ペーパー)で、赤・白・黒の3色に対応。どの角度からでも見やすく、読みやすい。価格だけでなく、商品名、アピールポイントなどを記すことも可能で、まるでPOPのようだ。店舗はもちろん、遠隔のオペレーションにも対応しているので、本部から一括で、すべての店舗の値札を変更することもできる。

 また、多彩な情報を表示でき、一つのESLに、同時に3つの画面を持たせ、リアルタイムに自動切り替えも可能だ。例えば、インバウンド顧客に向けた多言語での表記画面や、従業員向けの商品情報・在庫数などを記載した画面など、フルカスタマイズで必要な画面を作れる。通信は、独自の無線ゲートウェイを設置して行うシステムで、通信能力に優れ、現場の手を煩わせることなく、価格変更がリアルタイムに反映される。万一、電池が切れても、価格が消えないことも、かつての液晶タイプESLとの大きな違いだ。

 このような基本機能により、ペーパーレス化による経費削減、値札取り替え作業削減による業務効率化、売価の表記ミスの低減などが実現する。ここまでは、図表①のSTEP1、2に当たる部分だ。 

 KAKUMEIがその名の通り小売の現場にイノベーションを起こすのは、更にその先、STEP3以降に当たる新しい活用事例だ。その具体例を挙げてみよう。

STEP3 ECサイト連携

 ECサイトの価格とリアル店舗の価格を同期させたり、ESLにQRコードを表示、NFC(近距離無線通信)でECサイトにつなげ、レコメンド(この商品を買っている人は、こちらの商品も購入しています、というおすすめ)のプッシュ通知や、店舗で見た商品をECサイト上で注文し、配達手配する仕組みづくりが可能。

STEP4 ダイナミック・プライシング対応

 KAKUMEIの場合、POSやPOPシステムの価格を構成するシステムと、ESLシステムのデータを連携する「ミドルウエア」をフォーバルが顧客の仕様に合わせて開発するため、柔軟な価格表示に対応できる。競合店との比較や、需要と供給の状況を見て、柔軟かつ、店舗の作業負担なく、売価変更が可能だ。

STEP5 顧客体験価値(CX)向上を実現するソリューション

【スマートショッピング】 ESLに表示されたQRコードをスマートフォンで読み取り、ネット上で決済することで、レジレス、無人レジ化を実現する。

  • 【商品位置情報の活用】 店側が、あらかじめどの棚にどの商品を配架したか、ESLを使って位置情報を登録。顧客は店舗アプリ上で欲しい商品の位置や自分が今いる位置を確認でき、スムースな買物ができる。アプリの活用推進ができ、従業員の売場案内に割かれる時間も削減できる。

  • 【データ分析、棚管理システムとの連携】SKUごとに商品とESLのデータをひも付け、売れている位置、売れていない位置などをデータ分析。データに基づき正確に利益分析ができる。

  • 【新しい販促プロモーション】QRコードを読み取り、店舗アプリ上で該当商品のクーポンを取得できるようにするなど、購入商品に応じたパーソナルな販促プロモーションを実現。メーカーのホームページへの誘導も可能なので、メーカーとのプロモーション連動も仕掛けられる。

 各社がトライしやすいよう、フォーバルではコスト面でも導入しやすい仕組みをつくった。無線ゲートウェイやESLは、フォーバル独自のレンタルサービス「オールインワンレンタル」で、イニシャルコストは限りなくゼロに近い形で導入できるのだ。ランニングコストは保守、機器の修理や交換、電池交換も含めての定額制だ。昨今、テクノロジーが進化するスピードは速い。ユーザーである小売企業に、常に最新のテクノロジーを使った機器を活用してもらうための施策だという。

 宮川氏は、「フォーバルとLGイノテックが強力にタッグを組み、技術力を駆使して、小売企業のイノベーションをサポートしていく」と力を込める。新世代ESL、KAKUMEIを、小売各社が価格戦略、販促戦略、顧客対応にいかに活用していくか。可能性は無限にある。フォーバルの取り組みと供に、導入を試みていく小売各社の動向、成果に注目だ。

LGイノテック ESL/General manager of electronic shelf label総責任者 姜甲錫(カン カプソク)氏(写真右)と握手を交わす宮川氏 

 

インタビュー:株式会社フォーバル IoTディビジョン 

お問い合わせ: https://www.forval-iot.jp/

 

≪お知らせ≫
株式会社フォーバルは、5月8日より東京ビックサイトで開催の「店舗ITソリューション展(春)」で、電子棚札KAKUMEIを紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

【会  期】 2019年5月8日(水)~10日(金) 10:00~18:00                                   (最終日のみ17:00まで) 
【会  場】東京ビッグサイト (東京都江東区有明三丁目10番1号)
【ブース】西16‐48