<三浦一光さんのプロフィール>1956年松下電器産業(現・パナソニック)入社、88年北海道・四国・名古屋営業所長を経て、西日本ナショナル電器社長、91年松下エレクトロニクス初代社長、93年松下電器産業 営業本部副本部長として、ダイエーとの取引をスタート、94年ビデオ事業部長として事業再建、96年レコード会社のテイチク社長として事業再編(天童よしみ「珍島物語」、川中美幸「二輪草」、大泉逸郎「孫」の3曲のミリオンセラー)、99年豊栄家電社長、2005年ヤマダ電機と合弁のコスモス・ベリーズ設立、会長として今日に至る。13年一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会の理事に就任、15年コスモスベリーズ社内ベンチャー部門「MSM流通研究所」代表兼務、17年一般社団法人日本ボランタリーチェーン協会の副会長に就任。(撮影)室川イサオ

お待たせしました。連載「中見真也のこの人に会いたい」の第2回はコスモス・ベリーズ(株)の三浦一光会長にご登場いただきました。松下電器で“アウトサイダー”としてさまざまな経験してきた三浦会長。その中で培われた先見性がつくりあげたのが、「家電販売やソリューションビジネスを通じて新しいビジネスフィールドを提供する」地域を応援するボランタリーチェーン「コスモスベリーズ」。このチェーンに込められた思いと取り組みは、これからの流通業界が進む方向性を示す多くの教えに満ちあふれている。

〈PART.1〉消費者の変化に気付かぬ企業

働く女性のライフスタイルをきちんと見よ!

三浦 生活家電の洗濯機、冷蔵庫は大きい容量で高価なものが売れている。今まで洗濯機は8㎏~9㎏が中心であったが、現在は12㎏が中心になってきている。そして、冷蔵庫は300ℓ~500ℓから600ℓ~800ℓへ大容量化している。このことは、日本の働く女性の家事条件の変化と見る。昨年、台北市の家電量販店を訪問して驚いた。16㎏の洗濯機が主流になっていたからだ。

 住宅の面積事情は日本と同じなのに、何かの変化を感じた。毎日の洗濯が3日~1週間間隔に変わってきていると思う。冷蔵庫も買い溜めする買物スタイルの変化だと思う。生活者の生活スタイルの変化を小売業は敏感に洞察することが重要になってきた。生活スタイルとモノの関係を研究することが必要になっている。

 女性の社会進出では先進国のシンガポールの事情を知ることは日本にとって大事なことと思う。金融、観光、女性の社会進出が経済をけん引してきた、アジア有数の成長国となったシンガポール。日本において流通・小売業とメーカーも注目することが重要だと思う。アイリスオーヤマの大山健太郎会長が提唱されている「ユーザーイン」のモノづくりは素晴らしいと思う。マーケットインではなく、ユーザーインこそメーカーの使命との考えは私も同感だ。

 定年になり、主人の3食を作ることは奥さんのストレスとなっている。主人が料理力をつけて、奥さんに料理提供することも夫婦円満の秘訣かもしれない。

鮮度管理技術の進歩でまとめ買いが増える

三浦 私は柿が大好きだが、10月の旬な時期以外でも食べることができるようになってきている。リンゴやイチゴなど旬な果実が年中商品化してきている。これは鮮度をキープする技術がどんどん進むことで、全ての食材の鮮度キープの条件が進化して、産直や獲り立ての重要度が低くなることを意味する。

 これにより、毎日来店してもらう食品小売業の環境が激変することになる。そして、競争条件が変化する。さまざまな業態の小売業の参入が容易になってきた。ドラッグストア、ホームセンター、コンビニ等の参入が増加する。そこに競争条件の変化が起きる。