そばの効果的な5つの食べ方を紹介

1.栄養の溶け出した「そば湯」を!

 そばには水溶性食物繊維がたっぷり。さらに、ビタミンB1、B2、タンパク質も水溶性。コリン、ルチンも水溶性です。その多くが溶け出したそば湯は健康効果の宝庫。

2.色の黒い「田舎そば」は栄養豊富!

「ルチン」というポリフェノールは黒い色素です。白いそばよりも色の黒いそばに多く含まれます。また、苦味のある「韃靼そば」も栄養価が凝縮されています。

3.「ゴマ」と「のり」を添えてパワーアップ!

 ゴマには炎症を抑えるポリフェノールが豊富。また、のりの水溶性食物繊維で糖質の吸収をさらに抑えます!

4.胃腸も疲れているときは「とろろ」「なめこ」のネバネバをプラス

 肝臓だけじゃなく食べ過ぎで胃腸も疲れているというときは、とろろそばやなめこおろしそばがオススメ。

 

5.つなぎのない十割そばがベスト!

 リーズナブルなそばは小麦粉を混ぜているものが多いですが、栄養面ではそば粉100%の十割そばが最強です(小麦粉は精製され、糖質が高く、どうしても中性脂肪になりやすい)。風味も格別ですよね。

 いかがでしたか?

 今年の年末は「新しい年の健康を願って十割そばを!」。

 もちろん、そば湯までお楽しみください!