私は今まで、ずっと仕事の量よりも質を重視すべきだと思っていました。千本ノックのようにひたすら仕事をやり込んでも、その仕事自体が無意味であればただ徒労に終わるのではないかと、生意気ながら考えていたのです。また自分が未熟な状態で、「少なくとも自分の中で完璧と思えるレベルに達せないと出せない」と思い込んでいました。

 でも最近では、「量は質を超える」と考えるようになりました。

老舗は一球入魂、ベンチャーは高速PDCA

 

 私は、業界や規模は違いますが、創業100年を超える老舗企業と、設立10年程度のベンチャー企業の両方で働いた経験があります。

 老舗企業のときは、1つの企画を実行するまでにまず上司に相談し、チームの会議を経て、社内で決裁権のある人間に承認を得てから取引先に初めて提案、了承が得られてからようやく企画の準備に取り掛かる……といった具合でした。打てる企画は少なかったですが、その分、計画に時間をかけるので、大きな失敗はありませんでした。

 ベンチャー企業では、これとは全く違うやり方で驚きました。企画が立ち上がると、上司に相談した時点で「まず、やってみよう!」とやり始める空気がありました。やりながら考えるような状態なので、当然企画の最中に、思ってもいないトラブルが次々と起こります。問題が起こると、その都度上司に相談しながら「自分で調べて、考えてやってみて」「じゃあ、こうしてみよう」と軌道修正していきました。綱渡りでひやひやすることばかりでしたが、仕事のスピード自体が速くなった結果、気付くとたくさんの企画を実現させていました。

 もちろん仕事内容や働く人の特性にもよるので、一概にどちらの働き方が良いとは言えません。量と質の両立がベストですし、どちらの要素も大切なことに変わりはありません。

 ただし、今仕事の質にこだわっている人は、学生のときのアルバイトなど、自分の過去の仕事を思い出してみてほしいのです。そのとき、自分が「完璧だ」と思っていた仕事は、今の自分から見ると、とても稚拙なものだったことも多いのではないでしょうか?

 人は、働いているだけでもいろいろな考え方に触れ、年齢と共に成長します。ましてや今は毎日新しい技術や情報がどんどん生み出され、会社によっても要求される質の性質は異なっており、状況は刻々と変わっていきます。そういった中で質にこだわり過ぎることは、いざ企画を実現させるときには、あまり意味がないのかなと思うのです。

 またこれはあくまでも私が見てきた傾向ですが、仕事の質にこだわる人ほど量が不足していることも多いです。

 私自身、仕事のクオリティにこだわっていたときは大抵、1つの仕事にかかりっきりで、結局、他の雑務も何も終わっていなかった記憶があります。逆に上司はいくつも企画を掛け持ちし、マネジメントや他の新規企画への案も出しており、いつも「なぜあんなに働けるのだろう」と悔しいような、恥ずかしいような思いをしていました。