消費税に軽減税率が採用されたことで、来年10月から、消費税の税率が、店内飲食(イートイン)が10%、持ち帰り(テイクアウト)が8%になる予定です。イートインかテイクアウトかは「飲食料品の提供等を行った時点で判定する」ことになっています。判定するために、店側が「レジでの顧客の意思確認をする」ことになります。

 ただし、実務上は「顧客の意思ではなく、レジ上で選ばれた税率」、つまり「キャッシャーが選んだ税率」になります。顧客がイートインと意思を示しても、キャッシャーがテイクアウトを選択すれば、テイクアウトとして精算されます。もちろん、会計時や会計後に顧客から間違いを指摘されればレジ訂正をすることになりますが、指摘されなければそのままで済んでしまいます。

 では間違った場合、店では何が起きるでしょう。

2つのキーを持つのは避けるべき

 テイクアウト(税率8%)と告げたのに、キャッシャーが間違えてイートイン(同10%)の処理をすると、顧客は2%余分に消費税を支払うことになるのでクレームをつけるでしょう。逆に、イートインなのにテイクアウトの処理をすると、2%分の消費税を支払わなくて済むので普通はクレームをつけないでしょう。

 店側としてクレームを少なくするためには「10%(イートイン)を8%(テイクアウト)と間違える操作」よりも「8%(テイクアウト)を10%(イートイン)と間違える操作を極力減らすこと」が必須になります。

 同じ商品なのに、税率が違うことによって「1物2価」が起こります。その2価をどちらにするかは、人の操作に頼らざるを得ません。レジ上の処理は、税率の違いを何らかの方法で区別することになります。レジ上のファンクションキーやタッチパネルの画面キー等、いろいろな手段がありますが、いずれも、前後は別として「商品+税率判別キー」という操作になります。

 レジ操作は、できるだけ短時間かつ間違いを起こさないことが求められます。そのためには、タッチ回数をできるだけ少なくすること、余分な操作をしないことが重要になります。テイクアウト(8%)とイートイン(10%)が混在する店では、8%キーと10%キーの2つを持つことは避けた方がいいでしょう。