基本メニューは肩ロースをキューブ状にカット

「おしゃれで、おいしくて、リーズナブル」がコンセプト

 カジュアルなステーキでは、2013年12月にペッパーフードサービスが1号店を出店した「いきなり!ステーキ」が2018年11月30日にオープンした秋田東通店で363店となり、同店で全国制覇を果たした。現在は2日に1店のペースで出店し、この分野での独壇場となっているが、新規出店に挑戦するところも相次いでおり、市場の広がりを見せている。

渋谷センター街の奥、宇田川町に立地

 11月27日、「MANDYS CUBE STEAK」(以下、マンディーズ)が東京・渋谷区の宇田川町にオープした。10坪20席と小振りでシンプルなデザインのカフェのような雰囲気が漂う店舗で、カジュアルなステーキ店が隆盛している中、マンディーズはカジュアル衣料の「ファストファッション」にならって、自店のことを「ファストステーキ」と言っている。

「ファストステーキ」とは「おしゃれで、おいしくて、リーズナブル」がコンセプトとのことだが、「いきなり!ステーキ」に始まるこの分野の業態を示す言葉として今後、定着するのではないか。

最盛期200店舗に達した「ふらんす亭」創業者の松尾満治氏

 同店を経営するのはオリエンタルフーズ株式会社(本社/埼玉・川口市、代表/松尾満治)。同社は外食向けのグラタンやハンバーグのソースを外食向けに製造・販売する会社で小さなロットで手間暇かけた商品を製造していることで定評がある。

 マンディーズはオリエンタルフーズの新規事業だが、ステーキ店は同社の代表・松尾満治氏が起業し、かつて大きく盛業した事業である。いわば、マンディーズは松尾氏の集大成となる挑戦と言っても過言ではない。

「レモンステーキ」で大繁盛店をつくった!

 松尾氏がつくったステーキ店とは「ふらんす亭」。元は松尾氏が修業した長崎・佐世保にあった高級レストランの店名で、松尾氏が東京で起業する際に許されてこの店名を付けた。

 1979年に東京・下北沢に10坪の創業の店をオープン。独創商品である「レモンステーキ」が評判を呼んだわけだが、これはレモン果汁がたっぷりと入ったしょうゆベースのステーキソースを高温の鉄板で焼いたステーキにかけるというもの。また、粗びきのハンバーグ、カレーも人気定番メニューとなり、坪100万円を売り上げる大繁盛店となった。

 1999年にはベンチャー・リンクと合弁会社をつくり、加盟店による出店攻勢を通じて最盛期には200店舗(うちFC6割)となっていたが、経営不振によって2006年にファンドに事業譲渡、現在はエムグラントフードサービスの傘下となっている。

 こうした経緯から松尾氏は10年間ほど外食から離れていたが、カジュアルなステーキ業態の隆盛ぶりを見て松尾流の業態を提案することに動き出した。

大根おろし、大葉を載せたステーキ
ライス、ピクルスなどのサイドメニューでセットも可能