立地は原宿クエストの2階。JR原宿駅からすぐの場所で好アクセス。

 ファストファッションブランドGUの新業態「GU STYLE STUDIO」が東京・原宿に11月30日、オープンした。ショールーミングストアの形態をとっており、オンラインストアで購入した商品が後日配送される仕組みになっている。

 この店舗は「原宿で始まる新しいファッション体験」をテーマにしており、デジタルサイネージ「GUスタイルクリエータースタンド」で、その場で撮影した顔写真からアバターを作ることが可能。作ったアバターに店舗内のアイテムを着せ、画面上で自由なコーディネートを楽しめる。作成したコーディネートとアバターは29日にローンチされた公式バーチャルフィッティングアプリ「GUスタイルクリエーター」と連携し、購入及びお気に入り登録ができる。

 出店の狙いについて株式会社ジーユー 代表取締役社長 柚木治氏は「原宿はファッション感度の高いお客さまが多く、GUとの親和性が高いと判断した。国内外から多くの方が訪れる場所でもあるため、GUというブランドをさらに広めていきたい」と話した。

ショールーミングストア特有のすっきりした店内。マネキンとトルソーを多用したVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)で、多くのコーディネートを掲示している。
左からパンサーの3人、柚木治代表取締役社長、中条あやみさん、丸山桂里奈さん。記者会見では「GUクリエータースタンド」でのアバターコーディネート対決が行われ、中条さんが勝利した。

買物のプロセス「実際にやってみました!」

 

①公式アプリ「GUスタイルクリエーター」をダウンロードし、商品のQRコードを読み込む

②アバターを作り、コーディネートする

筆者のアバターがすぐに作成されたが、顔しか撮影しないため、体型や身長は反映されない。ゾゾスーツや本当の試着のような効果は得られないため、遊び感覚に近い。グループでの来店客が盛り上がる要素はあるかもしれない。

③コーディネート作成後に画面に表示されるQRコードをアプリで読み込み、連携させる

QRを読み込むとすぐに商品が登録できる。

④オンラインストアで気に入った商品を購入

⑤自宅、同店含むGU店舗、セブンイレブンのいずれかで受け取り

※アバターを作らない場合も各商品に付いたQRコードをアプリで読み込むことでも購入が可能。

目的は「試着のストレスの軽減」にある

「オンラインとオフラインをつなぐ次世代店舗」を目指す同店は、試着室も進化している。商品をハンガーごと試着室内のフックに掛けるとセンサーが反応し、壁に埋め込まれたパネルにその商品の情報が即座に表示されるのだ。ここでQRコードを発行し、アプリで読み込めば購入及びお気に入り登録ができる仕組みになっている。GUの通常店舗ではセルフレジで使われているRFIDの技術が試着室に生かされていた。この試着室の利用はアプリで予約することも可能だ。

試着室の様子。
フックにハンガーを掛けると商品情報が自動的に表示された。
気に入った商品があればQRコードを作成し、アプリと連携できる。

 

 試着室や公式アプリの機能について柚木氏は「試着という行為は今や重労働。アバターによるバーチャルフィッティングと、RFIDを利用した試着室でお客さまのストレスを軽減した。試着後に悩んで何も買わずに帰っても自宅や店外で注文できるシステム」と説明した。

 現在2号店の出店は決まっていないが、この店舗で課題を見つけ、さらに便利な店舗を目指す。

GU STYLE STUDIO
住所/東京都渋谷区神宮前1-13-14 原宿クエスト2階
売場面積/約180坪
開店日/2018年11月30日
展開企業/GU

地図エリア