スーパーマーケットやコンビニの店頭で香ばしく香る焼き芋。肌寒くなると食べたくなりますよね。

 専門店の登場で今や「焼き芋ブーム」。紅あずま、安納芋、シルクスイートなど、「ねっとり系」が登場、沖縄地方の特産品だった紅芋も手に入るようになりました。

 英語では「スイートポテト」という名の通り、サツマ芋の持つ独特の甘さがたまりません。

 その甘さゆえ「サツマ芋は太る!」と敬遠していませんか?

 だとしたらもったいない。

 サツマ芋は、食べ方を工夫すれば、美容、ダイエット、老化予防と、実に優秀なスイーツです。

腸を整える「食物繊維」の質と量がすごい。

 サツマ芋は、ジャガ芋の3倍の食物繊維を誇ります。焼き芋を1本(約300g)食べることで1日に必要な量(18~20g)の2分の1が取とれるほど。

 食物繊維には善玉菌のエサとなり腸内環境を改善する“水溶性食物繊維”と、水分を保持し便のカサを増やして腸を刺激、排便を促す“不溶性食物繊維”の2種類があり、バランスよく含まれているのがサツマ芋。

 

 しかも、サツマ芋の樹液にしかない「ヤラピン」という成分が腸の働きを活発にし、便を柔らかくする作用があります。これらが強力な便秘解消パワーを発揮するのです。

 便秘解消し腸をキレイに整えるのはダイエットの基本。

 同時に、食物繊維は、コレステロールの吸収を抑えるなど、生活習慣病の予防も期待できます。

熱に強いビタミンCは芋類トップ!寒い季節の「カゼ予防」「美肌」に

 ビタミンCはミカンなど柑橘類並みに含まれています。しかも、サツマ芋のビタミンCは他の野菜に比べて「熱に強い」こと。寒い時期、焼いたり、蒸したり調理して、食べられるので、カゼ予防に最適です。

 また、メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。

食物繊維以外にも、老化予防、代謝アップなど、栄養素盛りだくさん。

 サツマ芋に豊富な、体全体の老化予防に働くビタミンEは、ビタミンCと一緒にとると効率的。つまり、両方とも豊富に含むサツマ芋は優れた老化予防食品といえます。

 また、意外ですが、ダイエットに必要なカルシウムも100g中32~40mgと、野菜の中では多く含まれています。

 むくみ予防のカリウムにも注目です。サツマ芋2分の1個で1日の摂取目標値は3.5gをクリアできます。