共働き生活のリアル/特別編vol.1では、web連載から始まった「本当の頑張らない育児」がどのように作られ、ファンの支持を受け、書籍化が実現したのかについて紹介しました。

 特別編vol.2では、書籍化を記念して行われた8月4日のイベントの様子をお伝えします。どうしたらファンと強く結び付けるのか、どんなイベントなら人が集まるかというヒントが会場中にたくさん散りばめられていました。

 今回取材したイベントは、全4回の関連イベントの3回目。作者のやまもとりえさんと、両立支援やコミュニケーション専門家・林田香織さんで「家族はチーム」をテーマにしたトークショーがメインコンテンツとなっています。

SNS用のフォトスポットを用意

入り口のホワイトボードでは、やまもとさんが描いたイラストでお出迎え

 SNSから人気が広まったこともあり、会場では思わず写真を撮りたくなるようなフォトスポットがたくさん準備されていました。かわいいオリジナルスタンプは、担当編集のみたむらさんがやまもとさんの許可を取り、自腹で作ったもの。子供や参加者が、待ち時間でも退屈せず遊べるように、と思い付いたそうです。

描かれているヒヨくんとあっくんは、やまもとさんご自身のお子さまをイラスト化したもの(ヒヨくん あっくん育児日記より)
試し押し用の紙も用意
秋元も持参した書籍に押してみました。カワイイ

 開場すると、作品を通じて集まってきた読者が次々に入場してきます。参加者には子供や家族連れが多く、パパも「連れて来られちゃった」感をあまり感じないのが特徴的でした。

 

 担当編集のみたむらさんのあいさつから、イベントが始まります。「SNS投稿は大歓迎なので、今日の様子は『#本当の頑張らない育児』を付けてください」という案内から、連載元サイトであるコノビーのコンセプト「子育てに、笑いと発見を」のアナウンス、クラウドファンディングの報告などが語られます。