呼吸することに集中し、よいスイングの再現を促す

 メンタルトレーニングの領域にマインドワンダリングという状態があります。簡単にいうと人間は【過去の失敗への失望】と【未来の失敗への不安】でストレスを感じ続けているというのが、この状態。そこで、ストレスを軽減するために【今】に集中することをマインドフルネスといいます。

 

 その【今】に集中する方法が【呼吸する】ことです。【呼吸する】ことに集中するのです。

 アドレスに入ったとき、鼻で息を吸い、口で息をはく、そして始動します。息をすること以外考えません。このことによって集中力が高まり(余計なことを考えない)、練習したことの再現性が高まるはずです。呼吸に集中することは、自分を信じることに他なりません。

ゴルフは心のスポーツだと感じます

 ゴルフはスポーツですが、動と静の両方のイメージがあり、古武道を思い出させます。最終的には心のスポーツのようです。松山英樹プロが言っていました。「4日目に乱れるスイングをしているようではプロでない」と。これって、プロでも4日やれば、乱れる日が1日は来て、乱れる日が来ないプロがトーナメントに勝つという意味だと思います。奥が深いです。

最新号

商業界2018年12月号

商業界2018年12月号

老舗とIT ―時代を生き抜く技術と精神―

店を取り巻く環境は日々、刻々と移り変わっている。旧態依然のやり方を漫然と続けていては、時代の変化に気付かぬうちに取り残されてしまう。長きにわたって連綿と生き永らえる「老舗」こそ、時代を先取りし、変化に対応する新しい技術を取り入れ続けてきた存在だ。翻って現在、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)をはじめとしたIT導入は、大型店だけの課題ではない。揺るぎない精神を守り続け、新しい時代を生き抜く技術を会得しながら永続してきた老舗たらしめるゆえん。老舗×IT。今、取り組むべきときが到来している。