ゴルフというスポーツは中高年が若手に勝つ可能性のある唯一のスポーツですね。これはゴルフのスコアは体力、柔軟性、技術以外の要素に大きく影響されるという証明に他なりません。プロでもOBやダボ(ダブルボギー)を出ますね。ゴルフは小さな誤差が大きなミスを生み出します。厄介で面白いスポーツです。この要素を「ゴルフ脳」によるものとし、考察してみました。

「ゴルフ脳」って何?

 中高年の一握りのシングルにだけ宿る「ゴルフ脳」。でも時々、意地悪をしてシングルからも離れていく脳。冷静な大人の信念とでもいえばいいのでしょうか。揺るぎなく、欲を押さえ、自らを律する脳です。これらは全て『練習した自分を信じ切ること』から生み出されている気がします。身近なシングルさんを見ているとそう思えるのです。

 理解していても現場ではできないこと、できていたのにできなくなったことたくさんありますね。これはみんな「ゴルフ脳」が弱いためですね。例えば、

・能動的に振るのではなく、受動的に振る

・腕の力で振るのではなく、腰の横スライドで振る

・早く振るのではなく、ゆっくり振る

・スイング中はあれこれ考えず、無心で振る

・フルスイングではなく自身がコントロールできる強さで振る

・いつも一番の安全策でいく

 これらができない、できたとしても維持できない。悔しいです。勉強した自分、練習した自分、今の自分を信じ切れていないからだと思います。信じ切れない自分に負けて、本能で動いて失敗をしてしまう。「ゴルフ脳」が未成熟な人はこれの繰り返しです。

「ゴルフ脳」は鍛えることができるか?

 最近のイ・ボミプロ、森田理香子プロ、石川遼プロ等、賞金王経験プロでもこの「ゴルフ脳」が崩壊して不振に陥っているわけですから、簡単には答えが出ないと思います。「理論、練習、経験が『ゴルフ脳』を鍛えてくれる」、その通りですが、これを言っては身も蓋もありません。

 そこで企業経営のマネジメント原則を使用して仮説を作ってみました。伝統的マネジメントは『悪いこと』に焦点を当て、チェックすることを求めてきました。

ゴルフではハンデの概念がありますね。ゴルフはミスのスポーツですから、ハンデの数は自分のできないことの数ということができます。自分のできないことをどう克服するかがゴルフです。まさに伝統的マネジメントです。

 一方、最新のマネジメントでは『コーチング/メンタリング』に代表されるように『良いこと』に焦点を当て、取り組み意識を高めようとしています。企業経営でも『良いことの認識、良いイメージづくり』により、成功した事例をたくさん見てきました。

 そこで、発想を変えて自分のゴルフの『よいイメージづくり』に焦点を当て、練習した自分を信じる工夫をしてみたいと思いました。