当記事は「ソーシャルトレンドニュース」にて2018年9月21日に公開した記事の転載です。元記事はこちら

 世界初のこんにゃくスムージー専門店『Konjac+(コンジャックプラス)』が、2018年9月13日(木)、新宿アルタ1Fにオープンしました!

「こんにゃく」と「スムージー」、今まで見ることがなかった組み合わせに大注目です。

生芋こんにゃくの健康効果

 

 生のこんにゃく芋から作られたこんにゃくは、非常に健康効果が高く、古来日本では医薬品として貴族の間で支持されていたのだとか。生芋こんにゃくに含まれる水溶性食物繊維は、整腸効果などが期待できると言われています。

 普通の生産過程では破壊されてしまう多くの成分がそのまま引き継がれた、まさに日本が生んだスーパーフード!

 美容を気にする女性にはうれしい味方ですよね。

Konjac+(コンジャックプラス)とは

 

 Konjac+のスムージーは、健康や美容効果が期待できる生芋こんにゃくを細かくすりつぶしてできています。女性が1日に不足しがちな食物繊維7gとお肌の潤いを保つために必要なセラミド600μgを含んでおり、腸活と美肌ケアが同時にできてしまうという、画期的なスムージー。

 気になるメニューは10種類展開! 味の好み、健康・美容効果など様々な視点から選べるメニューになっています。

 例えば、『冷えたら ソイチャイ』は、カラダの冷えに効果的な、生姜が香るアジアンテイスト。女性ホルモンへアプローチする、大豆イソフラボン豊富なスムージーです。「冷え改善」「発汗作用」「血行促進」「アンチエイジング」などの効果が期待できそう……!?

 他にも『むくみにマンゴー』『うる肌 べっぴん甘酒』『色白キウイ』など気になるメニューがたくさん。メニューを選ぶだけで楽しくなっちゃいます!

 外国人も多い新宿で、「ジャパニーズスーパーフード」の生芋こんにゃくスムージは、これからさらに人気が出そうな予感です。

最新号

商業界2018年12月号

商業界2018年12月号

老舗とIT ―時代を生き抜く技術と精神―

店を取り巻く環境は日々、刻々と移り変わっている。旧態依然のやり方を漫然と続けていては、時代の変化に気付かぬうちに取り残されてしまう。長きにわたって連綿と生き永らえる「老舗」こそ、時代を先取りし、変化に対応する新しい技術を取り入れ続けてきた存在だ。翻って現在、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)をはじめとしたIT導入は、大型店だけの課題ではない。揺るぎない精神を守り続け、新しい時代を生き抜く技術を会得しながら永続してきた老舗たらしめるゆえん。老舗×IT。今、取り組むべきときが到来している。