お祭り気分の夏が終わり、冷たい飲み物や食べ物で酷使された内臓は、秋の急激な温度変化ですっかり疲弊。体、肌、どっと疲れが出るのもこの時期ではありませんか?

「おだし」の香りにそそられる……それは「心と体のお疲れ」サイン

 疲れているときほど、なぜか、コンビニおでんの香りにそそられませんか?

 その理由は、「おだし」にあります。

 おでんのかつおだしに含まれる旨味成分、イノシン酸の血管拡張効果で、手足の血流改善がされたというデータもあります。血管拡張は筋肉の緊張を緩めるので、副交感神経が優位になる。つまりリラックス状態にしてくれるのです。

 昆布に含まれるグルタミン酸は、免疫向上や疲労回復、筋力の合成など体の修復に必要。ひどく疲れたときやストレスを受けたときに大量に消費されます。

セブン-イレブンのおでんは「おだし」が香る!

 

 コンビニのおでんの中でも、セブン-イレブンのおでんは「おだし」の香りが違います。

 薄味でも、しっかりとかつおと昆布の風味が感じられ、最後までおいしく飲めます。

 最近、塩分控えめになった分、甘さを加えただしが多い中、後味もスッキリ。遅い時間や忙しいとき、体への心配りがありがたい、優しい味わいです。