「新しい視点」があれば無料は有料化できる

ペンギンエリアでは、飼育実習生がペンギンの名前や特徴を紹介。生き物に対する愛情が感じられました

 とはいえ、いきなり今まで無料で行っていた試着や試食を明日から有料化というのは難しいでしょう。それなら、今までできていなかった、お客さまからするとちょっとワガママで躊躇してしまうようなサービスを有料化するのはどうでしょうか?

 例えばファッションの店舗で、試着体験に値段を付けてみる。平日の暇な時間を予約制にして、店舗の洋服を時間内は試着し放題なんて体験ができたら? 好きな洋服を片っ端から試着するのは、できるとしても現実的に挑戦するにはなかなか心理的ハードルが高いです。もし有料制にすればお客さまはお金を払った対価として試着を心行くまで楽しめるでしょうし、店舗も普段より集客や売上げが見込めるのではないでしょうか?

 試着というサービスは、今でもほとんどの店舗で無料で行っています。でも、気軽に試着して買わずに帰れる店はなぜか少ないです。試着だけして購入を断るときに、何ともいえない気まずさを感じた経験があるのは私だけではないと思います。

 カーテンの向こうで待つ人の気配を感じて「次の人が待っているから、早く試着室を出なくちゃ」と別の商品を楽しむ余裕もなく焦って着替えを済ませたり、「試着室を自分1人で長時間独占していたら、ちょっと気まずいな」とためらうお客さまもいます。