総務省が発刊している「平成30年版情報通信白書」に、興味深いデータがありました。「人口減少時代のICT(「Information and Communication Technology」の略称)による持続的成長」を特集として取り上げているのですが、その中で現在の日本でのソーシャルメディアの利用状況がまとめられています。

 

 上の図表では、各ソーシャルメディアについて「①自ら情報発信や発言を積極的に行っている」、「②自ら情報発信や発言することよりも他人の書き込みや発言等を閲覧することの方が多い」、「③ほとんど情報発信や発言せず、他人の書き込みや発言等の閲覧しか行わない」、「④ほとんど利用していない」、「⑤まったく利用していない」と5つの項目に分けて調査されています。

 実は日本では、ソーシャルメディアを利用している人自体がとても少ないのです。最も利用されているLINEでさえ「自ら情報発信や発言を積極的に行っている」層は17.0%しかいません。また、発信よりは閲覧をメインに行っている傾向が目立ちます。

 この図表を通して、特に流通・小売業が注目すべき3つのポイントについてまとめました。