PB「ゾゾ」のデニムパンツ。「ゾゾ」のロゴマークに添えた「Be unique, Be equal.」の言葉には「世界中にはいろいろな人がいて個性があるが、実はみんなイコール(平等)だ」という思いを込めたという。

 ゾゾタウンを手掛けるスタートトゥデイが新たな成長戦略を打ち出した。ファッションEC(電子商取引)モールのゾゾタウン事業を引き続き拡大する一方で、採寸用ボディースーツであるゾゾスーツを活用したプライベートブランド(PB)「ゾゾ」を世界に向けて販売し「ユニクロ」や「ザラ」を超えるブランドへと育成したいという。10月からZOZOに社名変更する新生ゾゾが描く青写真を追う。

体形データを活用、服が人に合わせる時代へ

ゾゾスーツで計測された体形データを基に注文を受けてからパターンを引いて生産するというPB「ゾゾ」のビジネススーツ。

 7月3日、東京ミッドタウンのイベントホールで「新生ZOZOビジョン発表会」が開かれた。創業20周年と社名変更、さらにはPB「ゾゾ」による海外拡販と完全オーダーメードのスーツとドレスシャツの発売に合わせたものだ。

 ところでスタートトゥデイは昨年11月に着るだけで採寸できるとしたゾゾスーツを無料配布すると発表したが、その大量生産に失敗。8カ月たっても届かない人がいるなど出荷の遅れが問題となっていた。

 そこで同社は最初のストレッチセンサー型からスーツに水玉模様に印刷されたマーカーを自身で回転しながらスマホのカメラで360度撮影するタイプに変更。予約注文は5月1日の段階で100万件を突破していたが、この日は7月3日現在で55万3179枚が配布されたと前澤友作社長は説明した。

都内で開かれた「新生ZOZOビジョン発表会」で話す前澤友作社長。

 そして前澤社長はこの日のメインテーマであるPB「ゾゾ」について話し始めた。「自分は背も低く手も足も短い。体形に合う服を探すのに苦労していた。ゾゾタウンが展開する65万点の商品からもなかなか見つからない。それがコンプレックスだった」。

「だったら自分で作ってしまえばいいと考えた。世界中に同じ悩みを抱えている人はきっとたくさんいる。S、M、Lという既製のサイズでなく一人一人の体形に合わせたブランドを作ってもいいだろうと。7、8年前のことだ」。

 PB「ゾゾ」がスローガンに掲げるのは「人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代へ。」だ。

 ゾゾスーツと連動したIoT(モノのインターネット)やスマートファクトリーによる新しい生産の仕組みをつくり上げることで「S、M、Lという既製のサイズから、Y(ユアサイズ)へ」と転換しようというのだ。

 商品調達面で鍵になるのが生産プラットフォームの確立だ。「体形データとオンデマンドで(需要に応じて)生産機械を組み合わせることで、今までなかったものを信じられないスピードで生産しようとしている」という。

 その一例として島精機製作所のホールガーメント横編み機(縫い目のないニットウエアの立体編み上げ機)を挙げた。前澤社長は「3Dプリンターの洋服版」と表現し「1着40分で無縫製のニットができる。縫い代がないので肌にも優しい。このニットを秋口に発売したい」と明らかにした。

 これはIT系メディアには斬新に映ったようで、大きく取り上げる記事もあった。だがホールガーメントは世界で多くの企業に採用されており、決して新しい技術ではない。

 ちなみに「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2016年10月に島精機製作所と合弁会社イノベーションファクトリーを設立し、ホールガーメント商品を製造し量産技術を蓄積。今年7月には両社は戦略的パートナーシップを結んでいる。

 この他にも自動裁断した生地を自動で縫製するなど、世界中から新しい機械を積極的に取り入れ「頂いた貴重な体形データを基に、今までにない商品を今までにないスピードで提供する」と前澤社長は言う。

「ゾゾ」のデニムやTシャツはパターンオーダーで、これまで蓄積した膨大なサイズから2Dパターンでデザインしておき、顧客から届いたデータに一番近いパターンを使って生産する、あるいはよく出るサイズは在庫を持ち、そこから提供する形になっている。

 一方、今回発表したメンズスーツは「完全カスタムスーツ」であり、ゾゾスーツで計測された体形データを基に「オーダーが入ってからパターンを引いて一から生産する」という。