秋の味覚、サンマ!! もう食べましたか?

 じゅうじゅう焼けるたっぷりの脂は食欲をそそりますよね。

 このおいしい「脂」こそ、憎っくき「中性脂肪」を溶かしてくれる「EPA」こそ、実は食べるほど良い「ヤセ脂」なんです。

 それだけではありません。EPAは体の酸化や炎症を抑え、血管を若く、強くなるよう働いてくれるので、疲労回復や持久力アップのサプリメントとしても活用されています。

 筋力トレーニングや試合でのパフォーマンスアップが必要なアスリートが積極的に「魚油」を摂取するのはこのためです。

食べたいけれど、忙しい人にぴったり

 サンマは食べたいけれど、忙しくて……、焼いている暇もない! そんな方も多いでしょう。

 最近では、スーパーマーケットの焼きサンマも、お店で振り塩をして直火焼きしていたり、侮れないおいしさ(ヤオコーの焼きサンマ。33cm!198円、おいしかったです!)

 そして、そして、コンビニにも焼きサンマはあります!

 

  セブン‐イレブン「さんまの塩焼」198円(税別)。便利なレンジアップ商品。

 スダチを添えると、こんな感じです!

 

 そしてうれしい御頭付き!やっぱりサンマはこうでないと。尻尾まで1匹が2つに切って食べやすい。食べてみると、ふんわりと柔らかく、私は骨までおいしくいただけたので、無理のないカルシウム摂取、とても良いと思います。

 注目すべきは裏面。サンマと塩だけ。健康への配慮に、好感が持てます。

 素朴な味がうれしい。

 

サンマには良い点がたくさん

 では、サンマが優れている点とは?

「脂肪を燃やす」EPAの宝庫!

「代謝アップ」&「若返り」ビタミンがそろう!

「オメガ3系」は青魚に含まれる不飽和脂肪酸。皆さんもご存知ですよね。

 このオメガ3にはDHAとEPAが含まれており、実はそれぞれに働きが異なります。

 DHAは硬くなった血管を柔らかくし血流を改善。また、脳神経にも働きます。対して、EPAは、「血液中に蓄積された脂肪、つまり中性脂肪を溶かす」働きがあります。

 DHA、EPA双方の働きで血管の若返りに効果が出るのですが、「脂肪を燃やす」には、EPAを摂取することが効果的。

 サンマはこのEPAが豊富。加えて、エネルギーや細胞代謝を加速するビタミンBと、体全体の炎症や酸化を抑えるビタミンA、D、Eがそろうので、血管の若返りがより効果的に。